無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🧸__16



美優羽side








今日も、泣いちゃった、







そして、慎太郎くんに迷惑かけちゃった






今、迷惑かけちゃダメって1番わかってるはずなのに…













まぁ、今楽屋には、誰もいないけどね。






加賀井「北斗のソロ曲でも聞こっと」





私は、イヤホンを耳に付けて聞いてた





聞いてたのは「内容の無い手紙」






加賀井「………ッ、グスッ」




私は、聞きながら思い出した





小学校6年ぐらいの時のバレンタイン


チョコをあげたらそのお返しにって、

チロルチョコと意味わからん“手紙”を貰ったんだ。



その手紙には、『ばーか、』

って。





なにこれっ、て思ったけど嬉しくて宝箱に入れてた…






加賀井「ほ、ほくとぉ、…グスッ」




こんな時にも、あの時を思い出すなんて皮肉だよな…




























加賀井「あぁ、好きだよぉ…」







私は、そう言って寝てしまった。