無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🦁__4


田中side𓂃𓈒𓏸

























仕事おわりだよォ!









お家に帰ってるの!ww


























今日の北斗おかしかったな





大丈夫ka((ドンッ









え、誰かにぶつかった











田中「ごめんなさい!



大丈夫ですか、?」







ぶつかったのは女の子だった











「は、はい。」




と答える女の子







田中「な、泣いてるけど、


痛いとこない?」










「だ、大丈夫ですッッ」



ダダダッ










そう言って走っていった。





田中「ちょ、ちょっと待った」








俺は、つい、追いかけてしまった









「な、なんで、ついてくるんですか!」







田中「だって、泣いてるのにほっとけないし」







「貴方とぶつかって泣いてるわけでは、ありませんので!」







田中「だと、しても!





ね?話聞かせてよ。」











そう言って相手の反応を待った
























































「……は、はい…グスッ」










田中「うん!




俺の家近いからホットココアでも出すよ!」

















そう言って、俺の家に向かった