無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🦁__6



















田中「おはょ、」










えっ...





俺が起きたら美優羽ちゃんが泣いていた









凄く悲しそうだった。






けれど、朝日の光と涙が反射して凄く綺麗だった。


















田中「可愛いっ」





















俺は、そう口にしてた。









加賀井「え、あ。樹くん。」





田中「ご、ごめん。覗き見したつもりはないんだよ。




起きたら、((うん。だいじょうぶだよ?」








田中「あ、ありがと。」








加賀井「ね、ねぇ。樹くん。




今日、連れてってくれるのってどこ?」











田中「それは、後でのお楽しみっ!!!」










































ねくすと