第3話

🍄🌟
152
2024/02/14 15:00
︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎
🌟side
さくらくんがかにちゃんと付き合った
ふぇにくろはだいぶ前にポケと付き合っている
俺はと言うと ……
好きな人はいるが何もアタック出来ずにいる。

簡単に言うと片思いが一番楽しいと 、



付き合ったらいざこざで喧嘩したりするよりかは



告白して振られて気まづくなるよりかは



今のままでいいと思った 。



いや 、 前までの話 。



〝 振られたら慰めてあげるから 〟



さくらくんに送ったLINEを眺めつつ



俺の本命はにやけてたな。 2人の告白現場を 。



付き合いたいのかな 。 俺は 。



付き合ったら何になる ?



迷走しているが



これでも彼の隣で帰っている最中だ 。



『 ゆぺさんは好きな人とか居ないんすか ? 』



はぁ …… 。



「 いるよ 」



『 え !? 誰 !! 』



「 誰がまいたけなんかに教えるか 」



『 えぇ w そこは教えてくださいよ 〜 w 』



もう知らないこいつ
あれから別れて家に帰った



好きな人の話ははぐらかした



なんだろう 。 付き合って何になれる ?



さくらくんがよく言っていた



“ かにちゃんの笑顔を俺だけのものにしたい ”



意味はわかるけど っ 、



気持ちもわかるけど 、 俺は別に 。



まいたけの隣にいたいとかはよく思う 。



夜一人の時とか 、 まいたけがいたらな 、 とか



思うけど



思ってしまうんだよなぁ …… 。



でも暫くはこのままがいい



振られるのが怖い 。



だから俺はこのままでいる



もう少し



あと少しはこの生活を楽しませて



彼の笑顔は俺にとっての宝物なの



崩したくない



守られている日々をこの生活を



彼を変わらせたくない 。



間違えるのはダメなことでは無いけど



暫くはこのままで 。



いつも宝物をありがとう 。



いつか迎えに行くね 。



約束。
なんか分からなくなってしまった …… 。


とりあえず片思いのままってことです … ()


プリ小説オーディオドラマ