無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,459
2022/01/14

第217話

泣かないで👑🔞










🐻『え、?』
 




その瞬間、グイッと唇を押し付けられる。




🐻『ん、ぅ、』





🦊『おいスビナ、キスは…』



🐰『っん、だって我慢できなくて…』


🐧『まあいいんじゃないですか?おかげでボムギュヒョン、顔とろとろですよ笑』




🐻『ふ、ぇ…』


突然の事で何が何だかわからなくて、頭がはてなマークでいっぱいだ。





🐧『ヒョンかわいい。本当に女の子みたいですね』




🦊『いーや。その辺の女よりよっぽど可愛いよ』



🐿『あーやばい。ヒョン見てるだけでムラムラしてくる笑』




みんななんだか、今日は変だ。





色気がすごいし、匂いだってなんだかえっち。


🐰『ボムギュ、顔真っ赤笑』



🐰『暑いんだね?脱がせてあげるからね』




🐻『え、待っ、』
🦊『ほら、抵抗すんなって』




3人に押さえつけられ、スビニヒョンに服を脱がされる。



🐻『や、ぁっ、恥ずかしい、』





🐰『だいじょぶだいじょぶ、綺麗だよ』



🐿『てかさー、ヒョンそんなに勃ってんのに恥ずかしいとかまだ言ってんの?』




🐻『っ、!?』



いつの間にか、僕のソレはビキビキと反り勃って主張を始めていた。




🐰『んふふ、僕ずっとボムギュのコレ、ナカに入れてみたかったんだよねぇ…♡』




🐻『へ、待っ、』
スビニヒョンが跨ってくる。



🐿『スビニヒョンってネコなのかタチなのかわかんないですよね笑』




僕のソレを掴むと、スビニヒョンの孔に寄せていく。




🐻『や、ヒョンまって、』





🐰『やだ♡』




ずぷっ、と僕のがスビニヒョンのナカに入る。




🐻『ん゛ぁぁ、!!!』





🐿『ヒョンビクビクしてる笑』





🐰『ボムギュの、おっきくてきもちい〜笑』





🦊『ボムギュ』








僕の顔にヨンジュニヒョンが跨る。







🦊『こっちもよろしく。笑』