無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,976
2022/01/02

第216話

泣かないで👑🔞









🐻『わ、やばっ、』



スビニヒョンに続いて、バタバタと他の人の足音も聞こえてくる。




🐧『ただいまですん〜>3<』


🐿『あれ?ボムギュヒョンは?』


🦊『寝てるんじゃねえか?』




どうやら全員で帰ってきたみたい。





僕は慌てて日記を元あった場所に戻すと、自分のベッドに潜り込んで寝たフリをした。







幸いにも2段ベッドの下段でよかった。





ガチャ…と寝室の扉が開く。




🐿『あ。やっぱり寝てる』




🦊『ほらな。アイツはゲームか寝るかしかしないんだから』



べらべらと喋りながら何人か入ってくる足音。





多分全員入ってきた。






🐰『ふふ、それにしても可愛い寝顔』




すっ……と頬を撫でられる。



スビニヒョンの声がいつもよりなんか甘い。






🐿『でも寝てるなら残念ですね〜』


🐧『そうですね、せっかくドーナツ買ってきたのに』




ど、ドーナツだと…!?
 





🦊『起こすのも可哀想だし、俺らで食うか。』



🐰『そうですね〜。』






と、去っていくヒョン達とマンネズ。






🐻『待てえええええええええ!!』







🐻『僕もドーナツ食べたい!!!』
 





と飛び起きた時。








🐰『やっぱり起きてたんだ…♡』





🐻『へっ、』






ドサッ_________




わけも分からず、僕は気がついたらスビニヒョンに押し倒されていた。