無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第221話

Pillow talk
4,515
2022/01/26 03:42
 









🐧『ふー…ヌナごめんね。疲れたでしょ』





「ううん…気持ちよかった。笑」




事後、年下で彼氏のヒュニンはタオルで私の額をトントンと優しく拭いながら言った。




🐧『ヌナ最近感度良いからさ、』
🐧『今日すっごい興奮した』




布団の中で、私の手をぎゅっと握る。





「最近、カイくん性欲強いんだもん…」



「最近毎日してるよね?」





🐧『ん〜、だってヌナが〜…』




と、私の胸の谷間目掛けて飛びついてくる。



「わっ、」




🐧『んふふ、ヌナ出会った時よりもおっぱいおっきくなったね?』




と、上目遣い。




「も、もう…//」



🐧『僕、ヌナのおっぱい好き。ふわふわしてて、それでおっきすぎないんだもん』




「わ、わかったから」




ぽんぽんと頭を撫でてあげると、照れくさそうにまた顔を埋める。





🐧『ヌナおやすみなさい。愛してます』





そう言うと、胸に顔を埋めたまますやすやと寝息を立て始めた。





まるで赤ちゃんみたいだな…と思いながらも、私もそっと目を閉じた。





END