無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

27
490
2022/05/15 09:28
あなた side

あなた
ヒョンジナ!
ヒョンジン
ヒョンジン
あっ、いたいた!
あなた
ごめんね、おまたせ
ヒョンジン
ヒョンジン
全然大丈夫だよ
ヒョンジン
ヒョンジン
何してたの?
あなた
え?あっ、えっと…
ヒョンジン
ヒョンジン
まって、その首どうしたの?
あなた
あぁ、これね
あなた
髪の毛セットしてたらヘアアイロンで火傷しちゃって


…よし、ハニに言われた通りに言えたぞ。


ヒョンジン
ヒョンジン
うわぁ大丈夫??
あなた
うん!ほんとにちょっと当たっちゃっただけだから
ヒョンジン
ヒョンジン
もー気をつけてね?
ヒョンジン
ヒョンジン
跡にならないといいけど…
あなた
大丈夫だよ〜心配してくれてありがとう


ヒョンジニがすごく真面目に心配してくれて、本当の理由を隠していることに少し罪悪感を感じる。


でもハニと約束したし…うまく説明するのも大変だから正直に話すのはやめよう。


ヒョンジニごめん。


あなた
で?なんで私のこと探してたの?
ヒョンジン
ヒョンジン
え?あー、えっと…
ヒョンジン
ヒョンジン
夕飯、もう食べた?
あなた
まだだよ
ヒョンジン
ヒョンジン
じゃあ一緒に食べよ
あなた
なんだ〜そんなことか
ヒョンジン
ヒョンジン
そんなことって…!
あなた
いいよ、一緒に食べよ
あなた
ヒョンジニ何食べたい?
ヒョンジン
ヒョンジン
んー
ヒョンジン
ヒョンジン
俺はあなたと一緒ならなんでもいい
ヒョンジン
ヒョンジン
なんならあなたを食べたいくらい
あなた
…は?


唐突に変なことを言い出すヒョンジンに驚く。

イエニといい、ハニといい、ヒョンジニといい…

まったくうちのメンバーはどうしてしまったのだろうか。


ヒョンジン
ヒョンジン
…は?って笑
ヒョンジン
ヒョンジン
冗談だよ、いくらあなたのことが好きでもさすがに今すぐ食べたりしないから安心して笑笑
あなた
いや全然話についていけないんだけど


この前イエニがいなくてワインたくさん飲んじゃったあの日…


あのときもヒョンジンに好きだって言われた気がする。
酔っていたからか、はっきりとは覚えていないけど。


…いや、考えすぎだ。メンバーに好きを伝えるくらいなんてことない。きっと普通のことだ。


ヒョンジン
ヒョンジン
あなた??
ヒョンジン
ヒョンジン
どうしたの、ぼーっとして
あなた
え?あっごめん、
ヒョンジン
ヒョンジン
きっと疲れてるんだよ
ヒョンジン
ヒョンジン
なんかおいしいもの出前とって、ここでゆっくり食べようか
あなた
うん、そうしよう


うん、そうだよ。チャンビニオッパだって私のことよく好きって言ってくれるし。私だってスンミニに大好きって言ってウザがられるときあるし。


ヒョンジニのことだって、普通に好きだ。


気にすることなんてなにもない。






…私は何を思い悩んでいるんだろう。



なんで、こんなこと考えてるんだろう。