無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

115
2021/11/27

第9話

  ・













いい歳した僕が















顔真っ赤にしながら
酔い倒れてる









三歳上のお兄さんに













ハグされながら












大声で泣いてたら










側から見たらゲイに
見えなくもないのに











僕はもう抑えが効かなくなってて








思いっきり泣いていた






そんな中ひょんが耳元で










よしよししながら








「だいじょうぶーだいじょーぶ」











って言うもんだから
子供に戻ったように













ひょんの懐の中で思いっきり泣いた
















少し落ち着いた頃









ひょんがそっと僕にキスを落とし







『なにがあったのぉ?//』









って聞くもんだから












恥ずかしくて









ヒョンの耳元でそっと











「ひょんが居ないと寝れない」















って囁いたら















そんなことかぁって
笑いながらいってきたけど











頭を撫でてくれて










その日は







ひょんに甘えて











そのままひょんの
懐の中でソファに横たわって寝た



















































   _