無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

キラキラ 13







side:西畑














最悪やほんま 。なんでこんなところで会うん 。


しかも流星相手とか 、なんかほんま嫌や 。


手出してたらまじ許さんし 。


何に対してのイライラか分からない俺は


廊下をずんずん歩き 、とある人の楽屋の


前におった 。… きっと分かってくれるよな 。


あ 、高橋はさっき長尾に呼ばれてどっか行った(












































『 ……… 』



" コンコン "



「 どうぞー 」



『 … 丈くん 、って大地くんも 、』



藤原「 おー 。来ると思ってん 」



今江「 大吾?どうしたん元気ないやん 」



『 ……… いや 、そんなことないっすけど 』



藤原「 あれやで 。桜木あなた 」



今江「 あー 、なるほど 」



『 … え?大地くん知ってはるんですか?』



今江「 今さっき丈から聞いてん 。
ビックリしたわ 。同一人物とは思えんし 」



『 ……… え?ちょっと待ってください 、
……… え?!?!?!?!?!?!』



藤原「 (腹抱えて笑いだす) 」



今江「 うん?笑 」



『 えっ 、なっ 、そのっ … 、
大地くんも 、経験 、桜木と 、……… 』



今江「 ああ!せやで?笑 」



『 あっ 、そそそそそうなんすね!!!!!』



今江「 あれ?知らんかった?(笑)
てか丈笑い過ぎやから!!」



藤原「 ごめ 、WWWWWWWWWW 」



『 すいませんその 、てっきり大地くんは
純粋な方かと思ってました 、、、』



今江「 え〜なにそれ褒め言葉なん?笑 」



『 いちお 、笑 』



今江「 まあ紹介されたのは
まとくんのツテやけどな?笑 」



藤原「 ふぅ 、、、てかみんなそうやろ 」



『 … みんな?え?みんな?!?!?!』



今江「 ちょ 、大吾
さっきから声大きいんやけど 笑 」



『 あっ 、すいません 、、、
え?みんなって誰ですか?』



藤原「 俺ー 、今江ー 、こじゃー、康二ー、
正門ー 、廉ぐらい?あと東京のJr.ちらほら 」



『 廉も 、、、正門も康ちゃんも 、、、』



今江「 大吾知らんかったん?」



『 知りませんでした 、俺、知ってるのが
丈くんだけで 、だから今 、桜木が部屋に
おるかr「誰が部屋にいるの?」… は 、』

















































恐る恐る後ろを振り返ると


扉に寄っかかってニッコリ笑う桜木あなた 。


俺の 、、、一番嫌いな人 。