無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

キラキラ 5









side:末澤















『 ……… 』



佐野「 せーやくん動かなくないですか?」



正門「 せやなあ 、どうしたんやろ 」



小島「 なんか楽屋静かやなと思ったら 」



福本「 誠也くんなんかあったんですかね?」



リチャ「 いや 、あれは恋やろ 」



全員「「 こ 、恋ぃ?!」」






















































少女漫画でよくある感じ 、


って言っても伝わらん?メンバーの5人は


楽屋で1人 、ボーッとしとる俺を


ドアの向こう側からヒソヒソと実況しとんねん 。


ヒソヒソ?いや堂々としすぎやろ 。声でかいし 。


あくびしたとか 、天井眺めてるとか 。


いやうっさ!!!!!なんなん!!!!!






















































『 はよ入ってこいや 』



佐野「 うわ!バレてた!」



『 バレてたちゃうねん!丸聞こえや!』



福本「 うぇー 、つまらん 」



正門「 そんなこと言わんの 笑 」



リチャ「 末 、恋してるん?」



『 ブフッ 』



小島「 お 、誰に誰に?♡ 」



『 いや 、ちゃう 、俺なんもしてへん 』



佐野「 隠しても無駄ですよ 」



福本「 吐いた方が楽っす 」



リチャ「 吐け吐けー 」



小島「 ハゲハゲ?」



正門「 なんでそうなるん?笑 」



『 っほんまなんもしてへんから!!!!笑 』
























































俺はそう言って楽屋を飛び出た 。


… ちょっと 、大声出しすぎたかな 。


まあええわ 。喉乾いたしジュース飲みたい 。


そう思って自販機に向かうと 、


近くのベンチに後輩の高橋恭平と西村拓哉が


スマホを囲んで何やら話し込んでいた 。























































『 何話してん?』



高橋「 あ 、誠也くん 。こんちゃっす 」



西村「 末澤くんこんにちは!」



『 ん 、こんにちは 。……… 誰その人?』



高橋「 は?!誠也くん知らないんすか?!
女優の桜木あなた!!!!!!」



西村「 結構関ジュで人気ですよ?!?!」



『 ……… ちょっと待って 、
名前もっかい言うて?』



高橋「 桜木あなたっす!」



西村「 容姿も中身も
全てが完璧ですもんね 。もう神 」



高橋「 オールゴット (?) 」
























































画面に映る女優さんは全く知らない人 。


やけど名前は昨日のあの子 。


… 同姓同名の別人 、か 。今時すご 。


てかこの人もべっぴんさんやな 。


、、、ん?今俺 、" も " って言うた????


いや 、は?!?!別に?!?!


JK相手にかわええなんて思ってへんし?!


そんなに 、飢えてるはずや 、ない 、よな?