無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

本音が出ちゃった話
今日自分のタイプについて学校で調べたんですよ。
参考程度に出しますが、私はこのタイプでした。
それで、このタイプの人にはこの職業が多い
みたいなのも出るんですが
私には到底無理だなって思いました。
その時先生に話しかけられて
「恋はどちらかと言うと猫カフェとかに居そうw」
と言われました。
私も
『猫の方が好きですね。』
と答えました。
すぐ我に返って先生の方を見ましたが
何も気づいていなかったようなので
ホッとしました。
無意識にこの言葉が出た時点で
もうダメなんだろうなと…思いました。