無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第1話 私の日常
私は神崎瑠歌。
平凡な日常を送っているごく普通の高校2年生
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
るりかー
おはよぉ
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
おはよう
この子は友達の紗季。
高校入りたてのときに、一人で過ごしていた私にも声をかけてくれた明るくて優しい子。





いつも通りにホームルームが始まり、私はいつも通り普通の高校生として過ごす。









ただ一つを除いては私は本当に普通の高校生なのだ

水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
次の授業は...音楽かぁ
そしたらるりかはまた特別教室だね
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
うん
そうね
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
はぁ...
一緒に授業受けたいよぉ
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
わたしだって一緒に受けたいよ
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
けど
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
分かってるよ
しょうがないことだもん
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
よし!お互い授業がんばろーね!
そう




音楽...特に歌にとてつもなく大きなトラウマを持っていることを除いては