無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第18話

第17話 なかなおり
あくる日の朝

廊下を歩いていたら、偶然反対側を歩いていたさきと目が合った
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
あっ...
気まずくて目を背ける



すれ違ったとき、さきのため息が聞こえた













このまま仲直りできないなんてヤダ




そう思ったら体が自然に動いていた
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
ごめんなさい!
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
ごめんなさい!
同時に言った謝罪のことば



なんだかおかしくて二人とも笑ってしまった
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
ごめんね..
るりかの気持ち考えずに軽いこと言って...
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
ううん、私も理解してもらえなかったからって突き放してごめんね
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
そうだ!今日一緒に帰ろ!
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
いいよ!
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
ちょうどさきに相談したいことあるし
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
放課後

水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
え!?ほんとに曲作りするの!?
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
うん、さきが言ってたみたいにとりあえず行動してみた方がいいかなって
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
だけどね...
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
だけど?
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
私楽器弾けないの!ピアノもギターもよくわかんなくて
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
えっ!?うそ
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
作曲してたんだからてっきり弾けるものかと...
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
そうなの...作曲してた頃は歌ったり、頭の中で想像してみたりでメロディーつくって
それをパソコンに一つ一つ打ち込んでいってたんだけど
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
そっか、それも出来なくなっちゃったから...
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
どうしたらいいんだろ...
水沢 紗季(みずさわ さき)
水沢 紗季(みずさわ さき)
うーん誰かそういう分野に詳しい人いないかな
結局その日は何も思いつかないままだった