無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

第16話 また行き止まり

さとみさんのアドバイスで私の気持ちはだいぶ軽くなった


でもそれだけじゃだめなきもしてる




さきは私のことを思ってくれてた


それなのに私は突き放した


自分の気持ちが理解されないからって


理解してもらえないのは当たり前なのに


わたしさきになんて言ったらいいんだろう...






そんなことを考えながら締め切りが迫っている課題を片付けているとふと思いついた




私が曲作ってみればいいじゃん


その考えが思いついた瞬間私は自分で自分を否定した


できるわけない


それでさきとも喧嘩したのに


でも...

私が何か行動しなきゃいけないのは本当のこと


確かにトラウマだし今の私には昔みたいな曲は作れないけど







逃げてちゃだめだから





変わらないと


そう思って私は曲を作ってみることにした






....だけど
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
曲を作るって決めたはいいもののどうしたらいいか全然わかんない!
最近ちょっと変われた気がしてたけど歌えないのは変わらないし、


かといって私ピアノもギターも弾けないし


そもそもメロディーが作れないじゃん



どうしよう



どうしたらいいの








試しに歌おうとしてみる

神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
あっ
やっぱだめだ


歌おうとすると頭が真っ白になって何も感じなくなる

神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
やっぱりそうだよね...
最初から分かってた


曲作りなんて、そんな簡単にできるものじゃないことくらい昔から知ってるし





でも
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
神崎 瑠歌(かんざき るりか)
つらい...
さきはしゃべろうともしてくれないし...












どうしたらいいんだろう


わかんないや