第3話

友達
リラ
リラ
着替えてきたー!!
リラ
リラ
どう ?
グク
グク
可愛いよ




嬉しい ♡





リラ
リラ
えへへ、ありがと




_________________________














ピンポーン










グク
グク
あ、来たかな




誰だろ誰だろ












テヒョン
テヒョン
お邪魔しまーす
リラ
リラ
あッ、こんにちは!
テヒョン
テヒョン
こんにちは






イケメン…………だけどグクが1番イケメンだよ











グク
グク
久しぶりじゃない ?会うの
テヒョン
テヒョン
だな




えと、お茶出した方がいいかな、?











グク
グク
テヒョン、リラ、座ってて、
テヒョン
テヒョン
あい、
リラ
リラ
うんっ、





グクがやってくれてる…

写真撮りたい……… ((









テヒョン
テヒョン
リラって言うの、名前
リラ
リラ
そうです
テヒョン
テヒョン
変わった名前だね
リラ
リラ
よく言われます … 
テヒョン
テヒョン
…………
リラ
リラ
…………






………………グク、早く来てくれないかな………………








この人めっちゃ見てくる…………!!!!







……怖いよ …







グク
グク
はいどーぞ
テヒョン
テヒョン
ありがと
リラ
リラ
ありがとう…





グクが私の隣に座る











こっそりギュっとグクの手を握った。







あの人にバレないように。









グク
グク
………… ?
リラ
リラ
…………ッ
グク
グク
あ、テヒョン、
グク
グク
この前話した、僕の彼女でーす
グク
グク
リラでーす
テヒョン
テヒョン
さっき名前聞いたよ、
グク
グク
可愛いでしょ。
テヒョン
テヒョン
うん  ㅋ
グク
グク
あげないからね 、
テヒョン
テヒョン
いいよ。  ㅋ
グク
グク
で、リラ、この人、テヒョン
リラ
リラ
あっ、うん!
テヒョン
テヒョン
呼び捨てでいいからね
リラ
リラ
分かりました、!
テヒョン
テヒョン
あと、敬語も要らないよ。
リラ
リラ
う、うん
グク
グク
あんまいじめないでね
テヒョン
テヒョン
いじめてないだろ  ㅋ
グク
グク
いじめていいのは僕だけだから



そう言うとグクは、私を抱き寄せた








リラ
リラ
えっ、ちょっ、グク…
グク
グク
いいよ、別にテヒョンは
リラ
リラ
いや、でも、
グク
グク
うるさいよ、
リラ
リラ
……ッ






テーブルの下で、グクの手が動く




指をいれる。










テヒョン
テヒョン
イチャつくのやめてよ 
テヒョン
テヒョン
独り身の俺悲しくなる
グク
グク
あーごめんねー
グク
グク
お互い好きすぎて  ㅋ
テヒョン
テヒョン
うっざ  ㅋ





……グクの指は止まることはない











テヒョン
テヒョン
リラ、顔赤くない?
リラ
リラ
も、元からです……ッ




やばいやばいやばい……