第6話

今は


私はグクに小声で怒った





リラ
リラ
駄目だよ、グク
グク
グク
何で?周り居ないから良いじゃん
リラ
リラ
だって……
グク
グク
テヒョンが気になるの?
リラ
リラ
別に……
グク
グク
ならいいでしょ




そう言うとグクは私にキスをした。








リラ
リラ
………
グク
グク
…… 大丈夫だって
リラ
リラ
今されたら、私
リラ
リラ
我慢出来ないよ




グクだって分かってるはずだよ、……



最後までしないと気が済まないから。






リラ
リラ
今日の、夜じゃ駄目なの?
グク
グク
……


グクはしばらく考えて




私の耳元でこう言った





グク
グク
激しくするから
リラ
リラ
…… ッ






激しくなんて無理だよ!!と思いながらその後は映画をみた。













横目でグクを見ると、









グク
グク
…………






寝ているようだった。