無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

287
2021/02/14

第6話


🐥 「 よし!じゃあ行こっ! はいっ!」





そうやって差し出してきたジミンさんの真っ白で綺麗な手。



あなた 『 えーっと、、、これは?』




🐥 「 おてて、つなご? じゃないと、迷っちゃう。笑 」



そんなとびきりスマイルで言われたら、、ねぇ。



しかも、“ おてて ”って。



あざとっ。()




あなた 『 いやっ、でも、私ひとりで歩けますよ?』



🐥 「 いいから、いいから。グイッ ほら、行くよっ!」




またもや、とびきりスマイルで手を繋ぎ、身を寄せてきたジミンさん。



そんな所にちょっぴり、きゅんってしたのは秘密。




🐥 「 じゃっ、案内してきますねぇー!」




🐹🐭🐨🦄🐯🐰 「 気をつけてー 」




いや、何に? そんな危ないところなの?


と、ツッコミたくなった。






私はほかのメンバーが睨んでいるとも知らずにジミンさんについて行くのだった。