無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
506
2020/11/14

第1話

プロローグ



「「 きゃあああああああああ!!!! 」」











その声援は、もっとあなたを輝かせる。









その分、私は寂しくなる。












なんだろう。この気持ち。












初めて出会ったあの時から、







私は






僕は





あなたに












一目惚れしちゃいました。