無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

232
2021/02/24

第7話

other side ( ジョングク )



🐯 「 いいなぁ、ジミナ。」



🐰 「 しょうがないよ、ヒョンぐらいしか案内できないもん。」



🐭 「 まあ、そうだよな。」



🦄 「 それより、あなたちゃんってどんな子なんだろ。パンPDから言われたことあったけどさ、どういうことかな。」



🐹 「 あぁ、あれね。なんだろね〜 なんでわざわざ僕たちだけを呼び出して話したんだろ。」



🐨 「 “ あなたは、音楽の才能に秀でている。そして人と少し感じ方も違う。君たちにとっても素晴らしい存在になる。だが、あの子は傷を抱えている。とても大きな。だから、君たちにもそれは知ってほしいし、あなたを助けてほしい。ゆっくりでいいからね。” って言われたけど。」



🦄 「 よく全部覚えてたね。笑 」



🐭 「 音楽の才能は、俺も思った。俺たちよりもすごかった。」



🐰 「 ヒョン、なんでですか?」



🐭 「 多分、あなたは絶対音感を持ってる。だって見ただろ?練習生が歌の練習してたとき。」



🐯 「 たしかに、すぐに分かったのがすごいなぁとは思ったけど、、。」



🐭 「 そこなんだよ。」






僕たちはあなたちゃんのことについて、話し始めた。



なんで、ソロでデビューしたのか。


パンPDはどういうところを買ったのか。


あなたちゃんには何があったのか。




謎が多すぎて、よく分からないけど


僕たちとは違うオーラを放ってたことはわかった。



とりあえず、早くジミニヒョン戻らないかな。()