無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

74
2019/11/27

第13話

13.
次の日。。。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
ミョンホ!俺、目腫れてない!?大丈夫?
みょんほ。
みょんほ。
大丈夫、大丈夫。
みょんほ。
みょんほ。
てか、早く行こ。
_____________あなたちゃんさいど
ゆー。
ゆー。
ミンギュくーん!
身長高いから、すぐわかる。
はおくんも、高いか。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
おはよ!
ゆー。
ゆー。
おはy
昨日、何かあった?
みんぎゅ。
みんぎゅ。
え?
ゆー。
ゆー。
だって、目、。
ほんの少しだけど、ミンギュくんの目が腫れてる気がする。
みょんほ。
みょんほ。
あなたには、ばれたね。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
はぁー、、。心配かけたくなかったのにー!
登校中、ミンギュくんの両親について聞いた。
ゆー。
ゆー。
、。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
なんか、ごめん!雰囲気重くさせちゃって。
ゆー。
ゆー。
ううん。
これからは、私達が絡むから!
みんぎゅ。
みんぎゅ。
え?
うん、!
みょんほ。
みょんほ。
私「達」なんだね。あは。