無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

85
2019/11/10

第9話

9.
はおくん、チョコパフェ気に入ったみたいです。
みょんほ。
みょんほ。
んま。
もう、いいよ。食べよ。
ゆー。
ゆー。
てか、ももりん何で急に帰ってきたん。
もも。
もも。
気分?
なんやねん。気分て。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
え。韓国語で会話して。ヒョンが喋れない。
もも。
もも。
あ。すんません。
じょんはん。
じょんはん。
あー。ちんちゃっ。
数十分後。
ゆー。
ゆー。
そろそろ、帰んなきゃ。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
じゃ、帰ろ~!
もも。
もも。
自分、もうちょいだけコーラ飲んどく。
いや、どんだけ飲むん。
ゆー。
ゆー。
ジョンハンさん!お会計、。
じょんはん。
じょんはん。
あ。ミンギュが、もう払ったよ。
ゆー。
ゆー。
え?
ミンギュくんの方を見ると、もう店から出ていた。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
なにやってんの?
帰ろ~。
ゆー。
ゆー。
え、?
じょんはん。
じょんはん。
ほら、
ジョンハンさんが、背中を押す。
(ちょっと痛かった。)
ゆー。
ゆー。
え、え~?
待ってー!
みょんほ。
みょんほ。
帰ろ。
ゆー。
ゆー。
ありがと!
みんぎゅ。
みんぎゅ。
いーえ(*´∇`)
あなたちゃんたちが、出た後、、。
じょんはん。
じょんはん。
いやー、ミンギュイケメンだわー。
もも。
もも。
あなたは、私のものですけどね。
もも。
もも。
あは。((
じょんはん。
じょんはん。
は、はい?
もも。
もも。
あ。コーラ、お代わり。
じょんはん。
じょんはん。
いいけど、もう10杯目だよ?
もも。
もも。
早く。
じょんはん。
じょんはん。
あ。はい。
ももりんには、剛田が出ないジョンハンさんでしたとさっ。