無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

111
2019/11/05

第6話

6.
じょんはん。
じょんはん。
え?いや~、青春だな~って♥️
地味に、はあとありますよ。
ゆー。
ゆー。
どこが、ですか。
じょんはん。
じょんはん。
彼氏でしょ?
ジョンハンさんの目線の先には、はおくん。
みょんほ。
みょんほ。
え。俺?
ゆー。
ゆー。
違います!
昔の私だったら、勘違いされるのも嬉しかったんだろーな。
みょんほ。
みょんほ。
そうですよ。
ゆー。
ゆー。
え?
みんぎゅ。
みんぎゅ。
え!?
いや。待って。
私より、ミンギュくんの方が驚くのやめて?((
じょんはん。
じょんはん。
ほら~♥️
ジョンハンさんも、ほら~♥️じゃないです。
ゆー。
ゆー。
はおくん!
みょんほ。
みょんほ。
ん。
ゆー。
ゆー。
違うじゃん!
みょんほ。
みょんほ。
みょんほ。
みょんほ。
みあね。
じょんはん。
じょんはん。
なんだよー。
ジョンハンさんは、何を期待してたの。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
ヒョン!僕、チョコケーキ!
え。急に?
ゆー。
ゆー。
私、、。
ショートケーキか、チョコパフェ、、。
じょんはん。
じょんはん。
あ。悩むよね!美味しそうだもんね!
ジョンハンさんのは、無視だ。((
みょんほ。
みょんほ。
じゃ、俺、ショートケーキ頼むからあなたチョコパフェ。
ゆー。
ゆー。
いいの?
みょんほ。
みょんほ。
うん。ヒョン。
じょんはん。
じょんはん。
分かりましたっ。
ちょっと待ってね。
ジョンハンさんは、奥へまた戻って行った。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
それにしても、あなた韓国語上手だねー。
ゆー。
ゆー。
ありがとw
みょんほ。
みょんほ。
ばんたんに、会ったときしっかり愛伝えたいから。だって。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
あ。army?
ゆー。
ゆー。
うん!
グクペン♥️
みんぎゅ。
みんぎゅ。
へー。
めっちゃ、興味なさそ。
なんやねん。((