無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

104
2019/11/04

第4話

4,
みんぎゅ。
みんぎゅ。
あー。お腹空いたー。
授業が終わると、ミンギュくんが教室に響きわたるぐらいの大声で言う。
うるs((
みょんほ。
みょんほ。
どこ行く。
ゆー。
ゆー。
んー。マック?
授業中どこ、行こうかずっと悩んでたけどマック以外いいところなんて知らなかった。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
、、。カフェにしよ?
ゆー。
ゆー。
え?、。いいけど。
騒がしくてカフェのイメージなんか、なかった。
みょんほ。
みょんほ。
どこのカフェ行く?
みんぎゅ。
みんぎゅ。
僕、昨日散歩してるときいいとこ見つけた。
ゆー。
ゆー。
じゃ、そこいこ!
私達は、ミンギュくんについて歩いて行った。
_______
みんぎゅ。
みんぎゅ。
ここだよ!
しばらく歩くと、おしゃれな建物の前にとまった。
みんぎゅ。
みんぎゅ。
入ろ!
みんぎゅ。
みんぎゅ。
ヒョン!来たよー!
ゆー。
ゆー。
ヒョン?
知り合いかな。
でも、ここ日本だし、、。
奥から、1人の男の人が出てきた。