前の話
一覧へ
次の話

第1話

夏羽
193
2021/02/15 11:50
ある田舎村での出来事です
私は小さい頃に、誘拐されて、山奥に捨てられました
そして、暫くの間に、旅館でお世話になる事になりました
そして、泥田坊と呼ばれる少年に出会った
私は、女将さんに仕事内容はあの子に聞けと言われたので聞きに行った
仁王  龍彦
仁王 龍彦
こんにちは
夏羽
夏羽
どうも
夏羽
夏羽
うん、でも、大体は俺がするから、何もしなくていいよ
仁王  龍彦
仁王 龍彦
ここで働くことになった、仁王龍彦
仁王  龍彦
仁王 龍彦
そうは、いかないナリ
夏羽
夏羽
ナリ?
仁王  龍彦
仁王 龍彦
教えて
夏羽
夏羽
……分かった
そして、夏羽と畑仕事や狩り等を教えてもらった
結構大変
鹿の頭を1発でナタを使って割ったりしてた
後は肥料や、土まみれになったり
夏羽
夏羽
ねぇ
仁王  龍彦
仁王 龍彦
なんじゃ?
夏羽
夏羽
龍彦は、匂いとか気にしないの?
仁王  龍彦
仁王 龍彦
匂い?
夏羽
夏羽
俺、生まれつき体臭キツいから
仁王  龍彦
仁王 龍彦
そうなんか
私と夏羽は、用意したおにぎりを食べていた
仁王  龍彦
仁王 龍彦
それにしても、随分痩せた体じゃ
夏羽
夏羽
そんなに食べないから
仁王  龍彦
仁王 龍彦
そうなんか、育ち盛りじゃ、沢山食べんシャイ
夏羽
夏羽
でも、食べる物がない
仁王  龍彦
仁王 龍彦
作れないんか?
夏羽
夏羽
材料ない
仁王  龍彦
仁王 龍彦
ふーん
言葉のキャッチボールはできるみたい

プリ小説オーディオドラマ