無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

142
2021/03/23

第3話

2.
体育教師
今日は陸上競技を行う
体育教師
陸上競技は走る・跳ぶ・投げるの3つが基本となっていてな...まぁ、長話もなんだ
実際にやってみるか!
うちの学校の部活は、ほとんどの部活がなかなかの強豪らしく、設備などは良く整っている方だった
そのため、陸上競技もほとんどが可能だった
体育教師
今日は陸上競技の1つ、走高跳だ
体育教師
あ、正しい表記は"走高跳"だが、学校などでは主に、こっちの"走り高跳び"を用いるので、覚えておけよ
先生は、ホワイトボードに力強い字で
"走高跳"と"走り高跳び"と書いた
教科書によると、助走をつけて片足で踏み切り、飛び越えるバーの高さを競う競技だそうです

跳び方にも種類があるようですが、中学生の段階では、さはみ跳びでも背面跳びでもどちらでも良いそうです
先程先生も、「どっちでもいい」と仰っていましたし
体育教師
さて、早速実践といこう!
注意事項など、諸々の説明を受け、私たちは実技に移った
モブ生徒
わぁ..流石に陸上部はどんどん跳ぶね..
モブ生徒
でも、背面はまだ怖いかな💧
生徒の皆さんの言う通り、陸上部に所属している方々は軽々とバーを飛び越えていた
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
......
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
(背面が多い..)
陸上部の皆さんの跳び方を見る限り、圧倒的に背面跳びが多いように見えた
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
(私の番..)
私は軽く助走をつけ、力強く片足で踏み切り、陸上部の皆さんがやっていたように、バーに対して身体の側面を向けて跳び、バーを越える瞬間に身体を仰向けにし、上体を大きく反った

流れ動作でそのままマットに背面を付けて着地した
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
(できた..ッ✨)
初めてにしてはなかなか上出来だったのでは、と優越に浸っている私に、視線が集まっていた
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
あ、えっと..こちらのバー..飛んでばいけないものでしたか..?
陸上部員
ぁ..いや、その...ッ
陸上部員
さっき雛鶴さんが跳んだの、先生が見本として設置した、中等部陸上部の最高記録だから..その...
陸上部員
すごいなーって思ってさ
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
ぁ...なるほど..
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
ど、どうりで高いはずです💧
これでは、私が自慢をしているようではありませんか..

なんて失礼な..ッ すみません...
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
今のはまぐれですから、気を取り直してどんどん参りましょうか^^
モブ生徒
そ、そうだね!最高記録超える勢いで行こっか!
どうにか誤魔化すことができ、私はほっと息を吐いた

しかし、先程とはまた違う視線が、私に向いていた
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
(なんだか、凄い威圧感が...)
体育教師
雛鶴
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
は、はい..ッ!
体育教師
お前..うちの陸上部に入らないか
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
陸上部、ですか..?
この学園は、部活に入るか入らないかは自由だそう
また、掛け持ちをするのも別に構わないそうです

私は今の所、部活動には興味を示していなかったので、どの部にも所属はしていませんでした
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
...放課後は別に用もないですし、構わないと言えば構わないのですけど....
私でよろしいのでしょうか
体育教師
部活は誰が入ってもいい
高みを目指す人も多いが、単に体を動かしたいから入る、という人もいる
体育教師
だが..俺の意見を言わせてもらうと...雛鶴
体育教師
お前ならトップを狙える..!
良くテレビで見かける某熱血タレントの如く熱い視線を向けている先生

しかし、そんな先生の期待に応えるべきなのか、とても迷ってしまった
私自身、体を動かすのは得意で、大好きでした

何も習い事はしていませんし、特に練習をしていた訳でもない
それでも、昔から人一倍体を動かすことは得意だったのです

動かし方など、何も知らないはずなのに、なぜか分かっていた
それが自分でも不思議で仕方なかった



しかし、それを何かに使おうなどとは考えて来ませんでした


「恵まれてる」「こんなに頑張ってるのに、あんなにさらっとされたら..」「自信なくす」

そんな言葉を何度も聞いてきました
だから、私は勝手に高い運動神経を酷く疎んだ



それでも、、
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
自由に動かしても良いのであれば、ぜひ、入部させて頂きたいです
やっぱり私は、身体を動かしたいのです
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
(先にある未来を守るために)
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
(あ、あれ..先にある未来って...?)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


作者
作者
今回はここで終了です!
作者
作者
ねーねーあなたさんあなたさん
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
なんでしょう
作者
作者
なんでもないです
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
はっ倒しますよ
作者
作者
しゅびばしぇん
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
はぁ..
それでは次回もお楽しみに
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
さようなら^^
作者
作者
さようならぁ!