無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

130
2021/03/25

第4話

3.
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
ただいまです
お父さん
あぁ、あなた、おかえり
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
お母さんと兄さんは工場に?
お父さん
いや、今は休憩中だから、リビングにいるよ
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
分かりました
私の家では、和雑貨を売っています
和雑貨と言っても、ジャンルはかなり広い方だと思っています

売り物は全て、お母さんや兄さんの手作りです

たまに私もお手伝いをします
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
(と言っても、まだまだ未熟ですが..)
私の家は、1階がお店になっていて、2階以降は居住スペースになっています
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
お母さん、兄さん、ただいまです
お母さん
あなた、おかえりなさい(ニコッ
兄さん
おかえり
兄さん
...何か相談したいことがあるのか?
兄さんは、観察力が凄まじく、家族の様子が少しでも変われば、いち早く気づいて下さります

隠し通すことが出来ないので、ある意味強敵ではあります..
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
暗い話ではないのですけど、顧問の先生から、陸上部への勧誘を受けまして..
お母さん
あなたが陸上部に..
お母さん
いいじゃない
何より、あなたは運動神経も抜群だもの
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
あ、ありがとうございます^^
その後、お母さんは顔一面に嬉しさを浮かべながら、
「陸上部に入るには何が必要なのかしら..」
と、ケータイでたくさん調べていた
兄さん
陸上は陸上でも、競技が別れてるんじゃなかったか?
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
そうですね..まずは全部体験して、専門競技を決めてきます
兄さん
それじゃ、競技が決まってから揃えればいいね
お母さん
それもそうね
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
ありがとうございます^^
思えば、自分から何かをしたいと要望を出すのは、これが初めてのことでした

家庭環境には恵まれていたと思うので、相談が難しいわけではなかった
しかし、私は"やりたいこと"ということがイマイチ分からなかった

"何のために"そういうものも、今はまだ、分からなかった








次の日から私は3日間、陸上部の体験入部をすることに
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
先生、こんにちは
体育教師
おぉ、雛鶴か
よく来てくれた
体育教師
雛鶴は確か..とりあえず全種目体験するんだったな
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
はい
陸上競技は大きく分けて、走・跳・投の3つがあるそうです

走ることや跳ぶことに関しては少しはできるかと思いますが、"投げる"については私にとって未知の領域です

とりあえず経験するべし、です
体育教師
このトラックで、主に走りの練習を行ってるんだ
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
確か、短距離,中距離,長距離の3つでしたよね
中にはハードルや障害物競走的なものもあると聞いています
体育教師
そうだ
体育教師
雛鶴、50m走の過去最高タイムはなんだ?
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
7秒21です
体育教師
おぉ、速いな
体育教師
陸上競技の短距離走は、100mからとなっているから、
雛鶴の目安は14秒台だな
1回走ってみろ
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
はい
トラックのレーンを1つ貸して頂き、1度100m走を走ってみることに
この競技では、スターティングブロックを蹴ってスタートする、スターティングスタートが主流となっているようで、私もなんとなく調節してチャレンジしてみることに


「ピッ」

これが開始の合図です
本格的には今はできないので、簡単に笛で行うとのことでした

私は笛の音が聞こえると共にブロックを蹴り、いつも通り走ってみた
体育教師
14秒01
体育教師
.....
体育教師
うん、良く走れていたな
フォームも綺麗な方だ
これから調節すればもっと伸びるだろう
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
はい
続いて、跳・投の競技もいくつか体験させて頂きました。

現時点では何とも言えませんが、投擲とうてきは、私には向かないようです💧
ハンマーや槍、砲丸や円盤というものがありましたが、私は持つので精一杯でしたので、辞めておきます

(中には持つことすら出来ないものもあったということは言わないでおきましょう)
体育教師
とりあえず、今日はこれで終了だな
一気に種目を一通り行ったから疲れただろu..((
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
......
体育教師
うん、疲れてないな
体育教師
まぁ、体を休めるのも選手の役目だ
今日はゆっくり休めよ
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
はい、ありがとうございました(ペコ
さて、競技は何にしましょう




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


作者
作者
今回はここで終了です!
作者
作者
優春ちゃん優春ちゃん
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
はい
作者
作者
優春ちゃん自身は何の競技をしたいんですか?
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
それは次回のお楽しみですので、ここでは控えさせて頂きますね^^
作者
作者
え〜
作者
作者
それでは次回もお楽しみに!
作者
作者
さいなら〜
雛鶴 (なまえ)
雛鶴 あなた
さようなら^^