無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
夜になって殺し屋出動
あなた
あなた
あの人たちを殺せばいいの…?
死神
死神
あぁ
それは凛の親だった。
あなたはこのあとの未来を想像してなかった
明門
明門
ナイスw奏心!
あなた
あなた
うん
凛
いやぁぁ
あなた
あなた
絶対に言うなよ?(銃を向ける)
琉翔
琉翔
怖いなw奏心
凛
うん…
あなた
あなた
今のことをわすれろ。
(呪文を唱えた)
死神
死神
アイツ…まさか?!
明門
明門
まさかのまさか
そうあなたいや…奏心は魔法の力を持っていた
凛
_(-ω-`_)⌒)_
あなた
あなた
さぁ行こ?
そして高校生になった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

嶺音
嶺音
始めたばっかです! それと趣味なんです… 少しでも興味を持ってくれたらなと思います!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る