無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

先生?
風葉 ○○
~♪~♪
五条 悟
五条 悟
あなた、ちょっといい?
風葉 ○○
ん?あ、五条先生!
どうしたんですか?
五条 悟
五条 悟
あなたってさ、
もしも僕が倒れたらどうする?
風葉 ○○
…何いってるんですか?
五条 悟
五条 悟
ん?聞いてみただけだよ
風葉 ○○
心配するに決まってますよ!
風葉 ○○
私にとって、
五条先生も大切な存在なんですから!
五条 悟
五条 悟
…そっか~
五条 悟
五条 悟
でも、
僕にとってあなたの存在は、
大切以上…だからね?
風葉 ○○
えっ?それって…つまり…
五条 悟
五条 悟
あ、用事思い出した
じゃあまたね~♪((消える
風葉 ○○
大切以上…か…
風葉 ○○
ま…まさか…!?
風葉 ○○
…っ…マジで…?いや嘘だよね?
風葉 ○○
多分聞き間違い…だと思う…