無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

授業終わりますた(((((((早い?気のせいだ
そして、現在は、お昼。ご飯を食べるなり、寝るなり好きなことが出来るので、俺は大好き!💪( ¨̮ 💪)フンス
監督生
監督生
あなた、食堂行こ!
グリム
グリム
お腹が空いたんだゾ!
あなた

だね、早く行こ!

エース
エース
俺もついてくぜ
お、さっきまで居眠りしてたエースやん。
監督生
監督生
むっ、エースは、他の子と行きなよ!
え、仲間外れ?
エース
エース
なんでダメなんだよ~、あなた、一緒に行こうぜ~
あなた

ん、いいよ〜

監督生
監督生
むっ、あなたは僕よりエースと行きたいの?!
エッッ、びっくりした、大きな声出さないでよ~wえーっとなんだっけ?僕とエース、どっちと行きたいかだって?え、何その台詞、可愛い~!!ヤキモチ?!ヤキモチですかぁぁ?!?!フェッヘェェェ
監督生
監督生
もちろん僕だよねっ?!
エース
エース
はぁ?!俺だよなぁ?!
二人に迫られる。...てか、俺達以外にも人が居るの分かります?ってことで、俺の磨いたちょーぜつぷりちーすまいるを喰らわせてやるぜ!(知力3)
あなた

俺は、二人と行きたいな。あとグリムも入れて。

監督生
監督生
(トゥンク♡)
エース
エース
(トゥンク♡)
グリム
グリム
(トゥンク♡)
もぶ
(トゥンク♡)



おれのちょーぜつぷりちーすまいる(知力3)は、見事に周りの人にヒットし、色んな人の心を掴んだ(はず)。

まぁ、長年モデル(女装)やってらぁ、上手くなるわなって話。

え?今知ったの?俺がモデル(女装)やってたこと。いや、タイトルにバリバリ書いてあるやんけ!!!!!!←メタい




俺達がふざけていたら




赤い髪をした身長の低い(俺よりは高い)人が、近付いてきて、俺達に聞いた。
君達!廊下で何をしているんだい?!