無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12
あなた

メイク道具一式は持ってきたからいいけど、洋服はどうするかな...

コンコン
あなた

ん、どうぞ〜

監督生
監督生
あなた、お使いしてくれない?





・・・
あなた

えーっと、メモによると...キャンディーを買うのか。ダイヤの形をした紫色...へー美味しそう

買うのは“サムのミステリーショップ”って所か。
てか、お使いとか俺何歳だよwHAHAHA☆(((((
。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
サム
サム
Hey、小鬼ちゃん☆
あなた

え、俺?

サム
サム
ようこそ、サムのミステリーショップへ
あ、ここなんすか
サム
サム
何をお求めかな?
あなた

えーっと、ダイヤの形をした紫色のキャンディー下さい

サム
サム
これだね、1個100マドルだよ☆
財布をあけ100マドルを出す。
あなた

...あれ、あの服ってなんですか?

商品棚に飾られているスカートが目に付いたのだ。
サム
サム
ああ、あれかい?あれは女装用スカートさ☆
あなた

ほぇ...

なんというか...運命感じる(((((


買うしかなくね??
あなた

すいません、あのスカートもください。

サム
サム
小鬼ちゃんには、少しまけて、1000マドルでいいよ
1000マドルでいいんだ。めっちゃええ店やん此処。


素敵だわぁ〜!!!(オバさん風)