無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14
はぁ...ついに今日...女装モデルとして...



否、ユウとしてナイトレイブンカレッジに向かわなくていけないのか...ッッッ!!!!!!!!
あなた

はぁ・・・もう無理・・・

下には一応スパッツをはく。はかんとスースーして寒い←
マネージャー
用意出来た?OK?
あなた

おん・・・

昨日はアヤセくんに親が倒れたから家帰るわっつってマネージャーの用意した車に乗ったけど...はぁ...行きたくないよ...
バレた時が1番きつい。


なんとなく色んな人とは仲良くなったし...


憧れのモデルが俺とかガッカリだよ絶対に
マネージャー
パシャ📷うん、可愛い
あなた

あ、見して

俺今どんな感じか見たいし...


マネージャーのカメラを覗く。
あなた

エッ...この人誰?

マネージャー
お前だよ
し、知ってるし...!


わざわざ言わんくてもええやん!ひどっ!
マネージャー
それじゃ、車のドア開けるから、準備した?
あなた

ンッ、ンー・・・

喉の調子を整え...
ユウ
はい、準備は整っています
ユウにする。
ユウ
では...行ってきます。