無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

164
2021/08/07

第3話

シワス
シワス
クセにとはなんだ
シワス
シワス
猫も喋るぞ
夕弦
夕弦
あーわりぃわりぃ
夕弦
夕弦
てか、何でそんな落ち着けんだよ
シワス
シワス
慣れた
シワス
シワス
お腹空いた
夕弦
夕弦
お前最近食べて無かったのか?
シワス
シワス
うん
夕弦
夕弦
…なんか作るか









俺はシワスにコンポタージュを作って渡した



シワス
シワス
いただきます
夕弦
夕弦
猫舌だろ?
夕弦
夕弦
フーフーしろよ、
夕弦
夕弦
スプーンは使えないだろうから、直でいいよ
シワス
シワス
……フーフー…ペロッ
シワス
シワス
あっち…(泣
夕弦
夕弦
ハハッ氷入れるか
俺はスープに氷を入れて


シワスの話を聞くことにした
夕弦
夕弦
お前捨て猫か?
シワス
シワス
僕の親が捨て猫だった
夕弦
夕弦
お母さんとお父さんはどこいった?
シワス
シワス
…………。
夕弦
夕弦
辛い事があったのか?
シワスがコクンッと頷く
夕弦
夕弦
俺の父さんと母さんも離婚して母さんに育てられたよ
シワス
シワス
……僕のお父さんとお母さんは






















シワス
シワス
どっちとも人間に捕まって死んじゃった
夕弦
夕弦
…………。














シワス
シワス
人間は嫌いだ
シワス
シワス
僕たちみたいな野良の動物は人間に殺されるんだ
シワス
シワス
人間に買われた飼われた奴は勝ち組
シワス
シワス
たまたま拾われた奴も勝ち組
夕弦
夕弦
俺も人間だ
夕弦
夕弦
信じるのか?
夕弦
夕弦
もしかしたら動物を殺すとこに連れてくかも知れないぞ?
シワス
シワス
ユヅルたちは信じられる
シワス
シワス
温かい人たちだってすぐ分かったよ
夕弦
夕弦
なんだよ温かい人たちってハハッ
俺はシワスの頭をワシャワシャと撫でて

皿を片付けて洗い始める
シワス
シワス
……ッ……………!//
シワス
シワス
もっと撫でて
夕弦
夕弦
は?
夕弦
夕弦
あー、猫は撫でられるの好きだもんな
夕弦
夕弦
ほら、膝の上来な
俺はテレビの前のソファーに座り膝の上を指す


その上をストンッとシワスが座る
夕弦
夕弦
よしよし
シワス
シワス
……ゴロゴロ…♡
夕弦
夕弦
そーや、お前どうやって戻んの?
夕弦
夕弦
猫に
シワス
シワス
前宙したらイケそう
シワス
シワス
ボフんって
夕弦
夕弦
ハハッなわけ←
シワス
シワス
見てろよ
シワスが空中で前転をした





ボフン
シワス
シワス
ミャー!
夕弦
夕弦
出来たぞって言いたいのか



すると玄関のドアに向かってガリガリと爪でかき始めた


シワス
シワス
ミャーミャー
夕弦
夕弦
外出たいのか
夕弦
夕弦
ちゃんと帰ってこいよ
夕弦
夕弦
ここの窓開けといてやるから
ガチャっとドアを開けてシラスを二階の玄関から出した


ススっとシワスがドアから出ていったのを確認して


俺はベッドに向かった
作者のあび
作者のあび
皆さんキャラクターのアイコンに細かく
紹介書いといたので見てね