無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,986
2020/12/11

第8話

5
「あ!俺の名前はリエーフ!灰羽リエーフ!

ロシアと日本のハーフ!!」


急に自己紹介を始めた巨人改めて灰羽リエー





『え、あ、うん』

え、これ私も自己紹介しなきゃいけないや

つ?



「お前は?!」


『2年 神崎あなた』


「うえ、やっべ先輩だった」


『…1年?』


「はいっす!!!」


…1年にしてはバカでかい気が…

((訳)身長よこせ)

『(ああ、ハーフなんだっけか)』

いいな、ハーフってだけで身長高くなるんだ



「なーなー、あなたさんはグループとか入

ってるんすか?!」


『いいよタメ語で、入ってないよ』


入りたくもないけどね、ウン



『リエーフは入ってるの?』


って聞いたけど多分入ってないんだろうな









___しかしそれは間違いだった



「俺?俺入ってるよー!猫!猫に入って


る!」













…なんですと