無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

703
2021/08/08

第14話

12





『姫…?』




私の聞き間違えだろうか。

今くろおさんの口から「姫」という言葉がでたのは。






…いや、きっと私の聞き間違えだ





そう、きっとそうだよね。



いや、そうであってくれ




「そう。姫だ。お前には猫の姫になってもらいたい」








________そう思いたかったのに。
くろおさんはきっぱりと言ったのだ。




『……なんで私なんですか?』





頭の中がこんがらがって、なにがなにだかよくわからないけど、とりあえず最初に疑問に思ったことを質問した




リ「他の女子はみーんな顔だけで寄ってくるから!!

ですよね!黒尾さん!!」



「ん?まあ、そうだな」





くろおさんに質問したつもりだったが、隣にいるリエーフが代わりに答えてくれた




『(顔、ねえ…)』




確かにみんな顔が整っている。
目の前にいるくろおさんだって、髪型はすごい(トサカ)けど、顔は整っていると思う。




これじゃ女子が寄ってきてもおかしくないだろう。









_____だけどね私は。









『姫、やりたくないです』






厄介事に巻き込まれるのが一番嫌なんですよ。




それに私は










自由を愛してるから