無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

546
2021/09/16

第25話

22
あなたside



『…』


私の目の前には黒尾さん。
そして後ろには夜久さんがいる。



いわゆる挟み撃ちってやつ。


私の背中に汗が1滴垂れる









『(どっちからくる…?)』



挟み撃ちをされている以上、余計な身動きはできない。
黒尾さんか夜久さん、どっちかが仕掛けてくるはずだ。



…いや、ここはあえて2人同時にくるかもしれない。



3人の間に長い沈黙が訪れる


その沈黙は10秒ほどかもしれないが、今の私達には長すぎる沈黙であった。





私から仕掛けるか?そんなことを思っている時。





ダッ(走りだす音)


2人が動いたのだ



『!!』









やはり、私の読みはあたっていた。
黒尾さんと夜久さんが同時に動き出したのだ



予想内ではあったが、いざ2人で来られるときついものもある。






『(ここは賭けに出るか…)』




一か八かの賭け。


ここで失敗したら私が不利な状況になる。
逆に成功するば黒尾さんたちが不利な状況になる




…今は賭けてみるしかない