無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,265
2020/11/10

第5話

2
そう、ここの学校は皆んな寮制

強制らしいっすわ



その上男子が過半数を超えていて女子が少な

い…

はぁ……………

なんでこの学校にしたんだろ…

学校なんて他にもっとあったはず

『…ま、そんなこと言ってもしょうがない

か。さっさと行こ』


『失礼します、今日からお世話になる神崎

あなたです』


とりあえず校舎に入り職員室に行く

「…ああ、君が神崎さんね。僕は担任の

西崎、君のクラスは2組だから……じゃ、がん

ばって」


………え?

ん?

『あ、あの、先生は一緒にいらっしゃらない

んですか?』

普通は生徒と先生一緒に行くよね?

「…ええッ?」

え???私今なんか変なこと言った?

…言ってないよね…

「僕も行った方がいいの?」

『え"…まぁ、そりゃあ』

「…はぁ、わかった、でも君を紹介したらす

ぐに職員室に戻るからね」




何だこの教師


そんなことを言えるはずもなく『はい』と短

く返事をする

教師もビビるほどなのか?この学校は

女子は少ししかいないけどその子たちも不

良?



やめやめ、かんがえるのやめよ


でもとりあえずの目標は決まった













『(目は付けられないようにしよ)』


私は平凡を望む