無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,354
2020/11/12

第6話

3
先生と一緒に職員室を出て、先生の後ろをつ

いていく


壁にはひび割れや落書きがいっぱい


外から見たよりもよっぽど酷い

ほんとにさ





なんでこの学校にしたんだろ←3回目

よくこの学校潰れないなっていうくらい酷い

私が呆気にとられていると先生から「ついた

よ」と一言


『……………』

ああ嫌だ、入りたくない



「んじゃ、中に入るよ」


本当はこのまま引き返したいけど、もう引き

返せない

こく、と頷く



ガラガラ


「転校生の神崎さんだ、みんなで仲良くする

ようにな…んじゃ、俺は職員室に戻るから」


ガラガラ


『………………』


はァ?

言うことだけ言って職員室に帰ってしまった

くそ教師(((悪口


え?なんで私おいてけぼりにされてんの?


クラスの人めっちゃ私をガン見してコソコソ

喋ってるんですけど

え?なにこれ怖いんですけど

『(取り敢えず、自己紹介した方がいいのか

な…)』


ざっと見る限りヤンキーやギャルがほとんど

だ、一般人はほぼ居ない







自己紹介…聞いてくれんの?この人たちは



『…神崎あなたです。よろしくお願いしま

す』


…………………本当はよろしくしたくないけど









──────────
めっちゃ余談なんですが合計のお気に入り数

が1000超えました!!

皆さんがお気に入りしてくださっているおか

げです!

これからもよろしくお願いしますm(*_ _)m