無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🔞🔞🔞
苦手な人はUターン…いや、Wターンしてね!(意味不)




















した?
















Come on!!!!!







あなた

何を覚悟するの?

達也
達也
こーゆー事(deepkiss!!)
あなた

んっ、チュルッチュパッ

あなた

ぷはぁ、…長いよ/////

スルスル

滑らかな手つきでブラのホックをはずされた

モミモミ
あなた

ひゃっ/////

達也
達也
柔らかい…/////
コリコリ

胸の頂点をいじられる
あなた

ん、ひゃあ/////

達也
達也
乳首もうビンビンじゃん
あなた

言うなぁ/////

下半身の方へ手を伸ばし、クリトリスを摘まれる
あなた

ん!ニャ/////ハァン、ヒッ/////

達也
達也
もうぐちょぐちょ
あなた

//////////

達也
達也
チュッ チュッ
挿れられるのかと思ったら、首筋、お腹、内ももにいやらしい音を立てながらkissmarkをつけていった
あなた

ヒッ/////あんまりっ、目立つ所には…/////

達也
達也
あなたは俺のっていう印だからいいのっ!
あなた

うん…/////

達也
達也
もう、入れてもいい?
あなた

いいよ/////

達也
達也
んっ、
ズッ
達也
達也
ごめん、優しくできない…!
あなた

キャ!

パンパンパンパン
あなた

あんあんあんあん

達也
達也
っ、/////出るっ
あなた

ん、イクッ

2人とも同時に果てた
達也
達也
ねぇ、次、上乗ってよ
あなた

…うん分かった/////

ギシッ
達也くんの上に乗った
あなた

重くない?

達也
達也
大丈夫、全然軽いよ
あなた

っ、入れるね/////

ズプッ
あなた

ひっ、んん、/////

達也
達也
っっう/////
達也
達也
ほら、入れるだけじゃ無くて動かないと/////
照れてるのか、恥ずかしいのかどっちか分からない表情で言ってきた
あなた

う、うん/////


ズッズッズッ



動いてみるが、気持ちいい所に上手く当たらない。
達也
達也
下手クソだな‪w
そう言うと私の腰を支え、足を伸ばさせて、対面座位の体勢にさせた
あなた

え、なにこれ…???

達也
達也
動くぞ
あなた

ヒッヒャッ、あん/////

あなた

何、これ、上に当たる/////

達也
達也
気持ちいいだろ?/////
あなた

うんっ/////

あなた

やっ、もうイきそうっ/////

達也
達也
俺もっ/////
あなた

ビクッ!ビクビク

達也
達也
ドピュドピュ
達也
達也
綺麗にしてよ/////
あなた

ん/////

チュルッペロ
あなた

おっきくて口に入らないよ/////

達也
達也
//////////
チュパッチュウジュル
達也
達也
うっ、ドピュ
達也
達也
ごめん、出た/////
あなた

ゴクッ、あ、飲んじゃった…

達也
達也
お前/////そーゆー所だよ/////
?
…………クソッ
⋆͛*͛ ͙͛✧*̣̩⋆̩☽⋆゜⋆͛*͛ ͙͛✧*̣̩⋆̩☽⋆゜


















しゅーりょー!
細木数の子内初の🔞!やっぱムズいわ‪w