無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

10
2021/06/16

第3話

実話
でも
彼女は、6年生になって更に変わってしまった。
彼女は性格の悪い軍団とすごい勢いで仲良くなり、もう私の事までも仲間はずれにするようになりました。
毎日私のところに来ては
『死ね』
『きも』
『は?』
『その服ださWW』
『えーどーしよっかなー?』
『は?きもむり』
『それはないわーW』
毎日毎日あの性格の悪い軍団をつれて面と向かって言ってくるようになりました。
私は笑ってごまかしてた。
笑って誤魔化さず、ちゃんとやめてと言えていたらまだ
これから起こる事が無かったかもしれない。













続きます