無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

670
2019/02/17

第46話

アバンティーズとキャンプ④
コテージに戻ると水溜りたちが撮影の準備を進めていた
そらちぃ
そらちぃ
ただいま~
トミー
トミー
おかえり~
カンタ
カンタ
あれ?あなたは?
あなた

ただいま~!

カンタ
カンタ
あ、おかえりー
あなた

もう撮影始める?

カンタ
カンタ
うん、カメラの設定したら始めるよ
あなた

中で撮るの?

カンタ
カンタ
最初は中で撮って途中から外でって思ってるけど
あなた

これみて

私はスマホで天気のアプリの画面をカンタに見せた
カンタ
カンタ
え、雨?
あなた

もうすぐ雨が降るかもって言ってるから早めに外の撮影終わらせた方がいいかも

カンタ
カンタ
わかった!
ありがとな
あなた

いーえ

カンタ
カンタ
トミー!
もうすぐ雨降るかも!
早く始めよう!
トミー
トミー
あー、わかったー
カンタ
カンタ
カメラ準備出来たよ
トミー
トミー
よし、始めるか
トミー
トミー
はいどうもー、…
2人が撮影を始めたので私は邪魔にならないように2階に上がった
ベッドでスマホを見ていると電話がかかってきた
あなた

(え、ぶんけいさん...?)

あなた

もしもし?ぶんけいさん?

ぶんけい
ぶんけい
あ、もしもし
あなたちゃん?
あなた

はい、そうですけど...
どうしたんですか?

ぶんけい
ぶんけい
あのさ、今カンタさんとトミーさんいるかな
あなた

はい、今撮影してます

ぶんけい
ぶんけい
あー、撮影中かぁ
あなた

なにか伝えますか?

ぶんけい
ぶんけい
うぅん、大丈夫
ぶんけい
ぶんけい
今家にいるん?
あなた

いや、いないです

あなた

今アバンティーズと一緒にキャンプ場でコテージを借りてて、そこで撮影してるんです

ぶんけい
ぶんけい
そっかぁ、、
ぶんけい
ぶんけい
ちょっと届けたいものがあったんやけど...
ぶんけい
ぶんけい
じゃあ、いつ帰ってくる?
あなた

明後日帰る予定ではいるんですけど、、

ぶんけい
ぶんけい
わかった、ありがとう
あなた

いえいえ

ぶんけい
ぶんけい
じゃあねー
プチッ...
あなた

(届けたいものってなんだろ...)

しばらくするとキッチンから騒がしい声が聞こえた
そらちぃ
そらちぃ
うわぁぁあ!
えいじ
えいじ
おい!あぶねーよ!!
つりめ
つりめ
あ、血がっ...
りくを
りくを
そら大丈夫??
そらちぃ
そらちぃ
ちょっと!やばい!
えいじ
えいじ
あなたー!ちょっときてー!
私は急いで階段を降りる
慌てて声の方へ向かうと、
キッチンでアバンティーズの4人がカメラを回していた
あなた

どうしたの?

そらちぃ
そらちぃ
手切っちゃった‪‪💦‬
あなた

ちょっと待ってて!

私は急いで持ってきた救急セットの中から絆創膏を取り出す
あなた

はい、貼れたよ

そらちぃ
そらちぃ
ありがとう🥺
えいじ
えいじ
大袈裟なんだよ...
ちょっと指先切っただけじゃん
そらちぃ
そらちぃ
痛かったの!!
えいじ
えいじ
それにそらが手 切った後焦って包丁を適当に置くから落ちそうになってたんだからな?
そらちぃ
そらちぃ
あ、ごめん...
つりめ
つりめ
やっぱ俺らは料理向いてないのかな笑
りくを
りくを
少なくともそらは危なっかしいからやめた方かいいかもね笑
そらちぃ
そらちぃ
ちょっと!そんな事言わないでよ!
りくを
りくを
ずっと怪我しそうな雰囲気あったもん笑
そらちぃ
そらちぃ
嘘でしょ?
そらちぃ
そらちぃ
あ、そうだ!
そらちぃ
そらちぃ
あなた、料理教えてくれない?
あなた

え、いいけど...

つりめ
つりめ
え、それズルくない?
えいじ
えいじ
でもそらはこのまま続けてても危ないかもね
りくを
りくを
じゃあそらはあなたに教えて貰いながら作っていいよ
えいじ
えいじ
自分でつくるんだからな?
あなたに全部やらせるなよ?
そらちぃ
そらちぃ
そんな事しないって!
つりめ
つりめ
いや、好感度上げるためにやりかねないよね笑
そらちぃ
そらちぃ
みっくんひどくない?
えいじ
えいじ
いいから早く再開するぞ?
そらちぃ
そらちぃ
わかった
そらちぃ
そらちぃ
よろしくお願いします!
あなた先生!
あなた

よ、よろしくお願いします笑

こうして私はそらちぃと一緒に料理を作ることになった