無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

815
2019/01/01

第38話

そらちぃの部屋4(エイジ目線)
焼肉から帰ってきた
えいじ
えいじ
(これからまた撮影かぁ)
えいじ
えいじ
そらー?どんな企画だっけ?
そらちぃ
そらちぃ
利き酒だよ
そらちぃ
そらちぃ
えいちゃん楽しみにしてたじゃん
えいじ
えいじ
あれ?今日だったっけ?笑
つりめ
つりめ
昨日そらが大量に酒買ってきてたもん
りくを
りくを
カメラセット出来たよー
そらちぃ
そらちぃ
じゃあ始めるよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つりめ
つりめ
もぅ飲めないよぉ...
えいじ
えいじ
みっくんが崩れてきてる笑
りくを
りくを
ほんとだ笑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
撮影が終わりあなたがソファーに座っているのが見えた
えいじ
えいじ
(これはあなたと話すチャンス?!)
えいじ
えいじ
あなたー!!
えいじ
えいじ
(ノリで抱きついちゃおうかな笑)
そらちぃ
そらちぃ
ちょっっ!えいちゃんストップストップ!!
えいじ
えいじ
やめろぉ!触んな!!
そらちぃ
そらちぃ
あなたちゃん!逃げて!
あなた

は、はい!

あなたはりっくんとそらの部屋に向かった
えいじ
えいじ
ったく!なんで止めんだよぉ!!
そらちぃ
そらちぃ
いや、あれは止めるだろ!
そらちぃ
そらちぃ
あなたちゃんは今日初めて会った子だし、ってか、普通に考えたらえいちゃん犯罪者になっちゃうからね??
えいじ
えいじ
確かに
そらちぃ
そらちぃ
えいちゃん酔ってるのわかってる?
えいじ
えいじ
うん
そらちぃ
そらちぃ
じゃああなたのところ行ってくるから反省してろよ?
そう言ってそらはあなたのいる部屋に行った
俺はソファーをめいっぱい使って横になりスマホを見ていた
カンタ
カンタ
ちょっとエイジ!お前あなたに何してくれてんだよ
えいじ
えいじ
え、あ、ごめん
カンタ
カンタ
普通、ごめんだけじゃ済まないぞ?
えいじ
えいじ
うん。わかってるよ
えいじ
えいじ
...ていうか
えいじ
えいじ
カンタはなんでそんなに怒ってるの?
カンタ
カンタ
え...?
まぁ、これは先輩として怒らなきゃって...
えいじ
えいじ
ほんとにそれだけ?
カンタ
カンタ
うん...
えいじ
えいじ
じゃあひとつ聞いてもいい?
カンタ
カンタ
なに?
えいじ
えいじ
あなたのこと、好きでしょ?
カンタ
カンタ
えっ?!
す、好きじゃないよ
えいじ
えいじ
(絶対好きって思ってるじゃん...笑)
えいじ
えいじ
動揺しすぎでしょ笑
カンタ
カンタ
してないって!
えいじ
えいじ
わかったわかった笑
トミー
トミー
カンター、ちょっといい?
カンタ
カンタ
なに?
えいじ
えいじ
(カンタはあなたの事好きって分かったけど、あなたはどうなのかな)
えいじ
えいじ
(聞いてみよ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そらちぃ
そらちぃ
えいちゃん!起きて!ちょっと服借りるから部屋入るよ?
えいじ
えいじ
...んぁぁ?
えいじ
えいじ
zzZ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目を覚ますと近くにはりっくんがいた
えいじ
えいじ
ねぇ、あなたどこにいる?
りくを
りくを
あなたちゃんはそらの部屋にいると思うよ
えいじ
えいじ
(謝らなきゃ...)
りくを
りくを
え、まさかあなたの所に行くの?
また抱きついたりしないでよ?
えいじ
えいじ
わかってるって
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コンコン»
えいじ
えいじ
ちょっといい?
あなた

いいよ

俺はドアを開けてすぐあなたに謝った
えいじ
えいじ
(許してくれた...優しいんだなぁ)
えいじ
えいじ
(許してくれた...
優しいんだなー)
えいじ
えいじ
さっきはほんとにごめん!!
酔ってて抱きつくとか最悪だよな…
あなた

いや、全然気にしてないから大丈夫!

しばらくしてドアをノックする音が聞こえた
あなた

それより服貸してくれてありがとう!

俺はなぜかこの部屋に誰かが入ってけることが嫌だと思った
えいじ
えいじ
🤫しー
えいじ
えいじ
あ、これ俺のか!似てるなぁって思った
あなた

あれ?そらちぃに聞いてなかったの?

えいじ
えいじ
(あいつ、なんも言わずに人の服貸しやがって)
えいじ
えいじ
あいつ、勝手に人のもん使うからなぁ笑
えいじ
えいじ
前りっくんにもそれで怒られてたし笑
あなた

そうなんだね笑

えいじ
えいじ
(よくみると俺の服着てるのに、可愛く見える...)
えいじ
えいじ
その服似合ってるよ
あなた

え?いきなり?!

あなた

ありがとう...

えいじ
えいじ
あなたは可愛いからなんでも似合うんだよ
あなた

私、可愛くはないよ笑笑

えいじ
えいじ
(あなたは可愛い人だなー…)
その時、ふと頭にカンタのことがぎった
えいじ
えいじ
ねぇ、正直さぁ
えいじ
えいじ
カンタとトミーどっちが好きなの?
あなた

え?!//

あなた

どっちが好きか...?///

えいじ
えいじ
(この反応...!)
えいじ
えいじ
どっちかは好きって事だ!
あなた

え💦違う違う!!

えいじ
えいじ
そうなの?
あなた

...私はふたりとも好きだよ

あなた

友達として!

えいじ
えいじ
カンタはなんでも頑張れる人だし、トミーは人として尊敬されるような人だよね
えいじ
えいじ
(あれ?俺何言ってんの?笑)
えいじ
えいじ
俺があなただったらカンタを選ぶけどね
あなた

どうして?

えいじ
えいじ
カンタは可愛いもん笑
あなた

可愛い?!エイジからみても?

えいじ
えいじ
照れてる顔が好きなんだよね笑
えいじ
えいじ
...こんなこと言ったら怒られそうだからやめとこ笑
その時部屋のドアがノックされた
えいじ
えいじ
(やばい、誰か来る!)
えいじ
えいじ
🤫しー
あなた

え?どうして?(小声)

えいじ
えいじ
(...近い?!)
えいじ
えいじ
(いきなり近づくなよ💦)
カンタ
カンタ
あれ?いないのかな...
カンタの足音が次第に遠ざかっていった
あなた

なんでドア開けなかったの?

えいじ
えいじ
だって、そしたら2人だけの空間じゃなくなっちゃうじゃん//
えいじ
えいじ
(あれ?俺なんか変なこと言ってない??)
あなた

え?///

えいじ
えいじ
嘘だよ笑
あなた

もう!からかわないでよ!!笑

えいじ
えいじ
(何とか誤魔化せた?)
えいじ
えいじ
(つーか、あなた照れてなかった??)
えいじ
えいじ
(まぁいいか...)
えいじ
えいじ
実は、相談があるんだよね...
あなた

相談?