第23話

〜宮治と〜
[設定]
⚪︎稲荷崎高校2年
⚪︎帰宅部
⚪︎宮治に片思い
くっそ…なんであいつの事を好きになってしまったんや…
いや、でも、片割れよりは…ってか…ほかの男子より断然イケメンやし…優しいし…
って、!んなわけないやん!!
なに言うてんの?!私!
神崎あなた。
学園1、2、を争う皆の人気者を好きになってしまいました。
あなた「ほんま、なんなん?!私!ムカつく!!!」

治「なんや?神崎さん。めちゃめちゃ荒れてんなぁ‪w」

あなた「みっ!や゛くん…」

治「なんや‪w‪wその、みっや゛くんって‪w‪w‪w」

あなた「う、うるさいわ!いきなり話しかけるからびっくりしてもうただけ!」

治「そうかいな‪w‪w‪wってか、何回も言うてるけど宮だとツムと違いがわからんねん。治って呼んでや」

あなた「は?!ややよ!そんな呼び方したら…ファンに暗殺…マジで有り得るで…」

治「は?俺が許可しんでねやで?ええやんか」

あなた「それとこれとは話しちゃうわばーか!」

治「確かに俺はバカやけど!」

あなた「自分で言うなや。」
この人か私の好きになった人。



宮治。
初めて見た人だと
「治くんと侑くんの違わからんわ〜!」
なんて人多いけどな!全然違うんやで!!
なんてったって治くんの方がイケメンやし!
性格だって治くんの方がええわ。
あなた「治…か…」((ボソッ

治「なんや?!俺の事名前で呼んだんか?!今!」

あなた「は?!何言うてんの!バカ!言うてへんわ!」

治「は?!絶対言うたもん!治って!」

あなた「聞き間違えやろ!」
(ってか、もんって何?!可愛すぎか?!)

治「俺、耳はええんやで!」

あなた「あー!そうかいな!耳は!な!耳は!」

治「んな!耳は!って、強調せんでええやろ!」










私、神崎あなたは、
自分でも嫌になるほど素直になれない女なのですわ…
〜放課後〜
あなた「ぬぉぉぉぉ!!!!男バレ見に行きたいぃぃぃ!!!」

治くんの少しでもかっこいいところを見たいが勇気なんて出るはずも無く、人っ子一人いないの教室で嘆いています←
あなた「はぁ…なんでこんなんなってしもうたんや、私は…」

横の治くんの席を見つめながらそう呟く。

あなた「ちょっとだけ、ちょっとだけやし…」

自分の席を立ち、治くんの席に座る

あなた「何これ…はっず…!///」

あまりの恥ずかしさに机に突っ伏してしまった←まって?俺の席やん?!By治

あなた「好き…///」
治「ほー、それは誰のことや?」


































あなた「ひゃ?!///」
さっきまで教室で1人だったはずなのに後ろに治くんが立っていた。
治「ちなみにそれ、俺の席なん知っとる?」

じりじりと詰め寄ってくる治くん。
逃げ場所無く、俯いてしまう。

あなた「すんませんでした…///」

治「別に怒ってへんよ?ただ、誰のことが"好き"なんかなぁ〜?って思っただけ」

あなた(これ、逃げられんやつだ…)

覚悟を決め、

あなた「宮くん…///」

と言った。

治「それはツム?」

あなた「んなわけあるかいッ!侑くんより、治くんのが性格も顔もええわ!」

治「ほぉ〜」((ニヤニヤ

あなた「あ…///」

治「そりゃよかった。俺もあなたのこと好きやで」

あなた「?!え、?今っ!///」

自分の耳が信じられずしどろもどろする。

治「聞こえんかった?好きって言ったんや。」

あなた「き、聞こえた、けど…///」

治「顔赤らめてほんま可愛い。襲いたくなるわ。」

あなた「なっ!///」

治「俺な、食べ物好きなんよ。美味しい物食べてる時って幸せやん。
けどな?














今1番食べたいの、あなたなんねん。」
この後家に連れてかれたのは、誰も知らんことで、私と治の、、秘密や
―――――――――
えっと、今回のお話で、侑くんファンの方、気を悪くしてしまったら申し訳ありません🙇‍♀️
少し、表現が悪かったですかね😭
こういうノリみたいなのあると思うんですが(及川さんのお話とか←)嫌な方は言っていただければ最初に注意書きだったり、そういうお話を減らします!