第22話

〜おかん組+‪αと〜【取り合い】
前回のコメント欄で⤵︎ ⤵︎
おかん組全員好きです!
推しだァ!!メルちゃん神!(夜久さんの回)←照れる()
との事。
そして、小説でハートの多い回の人⤵︎ ⤵︎
西谷夕くん
孤爪研磨くん
( ´◎`)スー
もうこの方達に夢主ちゃん取り合ってもらおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!←
ハイ。茶番ごめんなさい。
[設定]
⚪︎音駒高校2年生
⚪︎バレー部マネ
⚪︎合宿中!←
⚠︎注意⚠︎
⚪︎茂庭くん出てきません
(茂庭くんファンの方ごめんなさい😭)
⚪︎キャラ崩壊やばみざわです))
⚪︎ちょいエr((
孤「ねぇ、赤葦。あなたに引っ付かないで?(睨)」

赤「は?なんで?あなたは俺といたいって言ってる」

夜「おい!2年!3年に譲れ!!!」

西「喧嘩なんてしてるとあなたが泣く!泣かせるやつにあなたは渡さん!」

菅「おぉい!お前ら!あなたが困ってるだろ!
あなた、俺と居たいよな!」

岩「何言ってんだ!あなた、俺だろ?」

北「君たちなぁ、うるさいヤツとはあなたも居たくないと思うんやけど」
あっれぇ?なんでこうなったんだろ?
あなた「すいません。私、影山のとこn…((」

皆「ダメだ/ダメや/ダメ」

おーまいがー
逃げることが許されないとおkおk←
あなた「皆さん、何しに来たんですか?」
孤「ピー(自主規制)」

赤「ピー(自主規制)」

夜「ゲーム!王様ゲームとかな!」

菅「トランプゲーム!」

岩「少し話したかった」

北「彼女にしにきた←」

西「癒しを求めて!←」
あなた「うん。下(メタい)の2人はネタ発言ありがと。
スガさん、夜久さん、岩泉さん、遊びましょか。お話もしましょ」

無気力2人「あれ?俺たちは?」

あなた「あんたら2人でやれば?()」

無気力2人「え゛そういう趣味ない。←」
あなた「さぁ!3年生(北さん抜いた←)の皆さん、遊びましょ!」

岩「おう!」

菅「あなたやる気だねぇ〜」

夜「何やる!?王様ゲームか?!」

あなた「何でもいいですよ!」((ニコニコ

皆「グハッ…」

あなた「え、?皆さん…?」

北「あなた、好きや、付き合わんか?」

あなた「すき家ですね、はい分かりました(?)」

西「あなた〜!!好きだァァァァ」

あなた「西谷は潔子さんのところ行けよ。」

西「あなた〜!!!!好きだァァァァァァ!!」

あなた「話通じなっ!←」

夜「スガくんスガくん」((ボソッ

菅「どうしたの?」((ボソッ

ごにょごにょ…

菅「おぉ!いいね!」((ボソッ
菅「みんな!皆で王様ゲームしないか!」

北「え、めんどくさいわァ…」

岩「いんじゃね?俺やるぜ」

孤「男だらけの空間でやりたくなi」

あなた「面白そ〜!」

皆「よし、やろう()」
夜「そんじゃ!いくぞ!」

皆「王様だ〜れだ!」

赤「あ、俺ですね。じゃああなた、俺の隣に居て」

あなた「なぜ名指し?」

北「それはルール違反とちゃうか?」

西「そーだ!そーだ!!」

赤「あれ?でも王様の命令は絶対でしょ?」

孤「それとこれとは違う…ルール破るんならあなたには触らせない(睨)」

赤「ハイハイ。分かったよ。じゃあ3番が語尾ににゃ〜ね」

あなた「3番誰?」

皆(え、あなたじゃないの←)

夜「うわぁ、俺かよ…ってか期待はずれでごめんね?!←」

孤「あ、やっくん。音駒、猫…うん。いいんじゃない(?)」

夜「俺的にはあなたか研磨が似合うと思うけど」

赤「夜久さん、にゃ〜、は?」

夜「グッ…思うけどにゃ〜?」

あなた「夜久さん可愛い。ペットにしたい。一緒に住みたい()」

皆「は?!」

夜((勝ち誇ったような顔

菅「次行こっか」

北「せやな」

皆「王様だ〜れだ」

西「お!俺だァァァ!!」

あなた「おう、西谷元気だな、命令はよ←」

西「ん〜じゃあ5番が2番に床ドン!」

岩「攻めたな()」

あなた「攻めたね()」

菅「んじゃあ〜5番と2番誰〜?」

赤「5番…」
(最悪…)

あなた「あ、私2番」

赤(最っ高!!!←)

岩「西谷、今なら取り消せる。取り消そう()」

西「ングッ!!と、とりけs」

ドンッ!

西谷が取り消すと言おうとしてる時に赤葦に腕を引かれあっという間に床ドンされてしまった
なんてこった

菅「おい!おい!ずるいぞ!!」

あなた「スガさんずるいってなんですか」

赤「ちょっと、ほかの男見るなんて余裕だね。」

グイッ
なんてことでしょうか、スガさんの方を向いて話したら顎を掴まれ固定されました。

北「ちょっと!それは命令にあらへんかったやろ!!」

岩「赤葦危険。」

孤「うんうん…」

赤「あれぇ?皆さん嫉妬ですか‪w見苦しい〜((煽」

皆((イラッ

あなた「赤葦、もういいでしょ…?」

赤「しょうがいなぁ〜…」

孤「次…」

菅「そ、そうだな!!」

夜(なんつー物を見せられたんだ←)

西(何てものを命令してしまったんだ…←)
皆「王様だ〜れだ」

孤「あ、俺だ…」

赤「孤爪は謎の安心感がありますね」

岩「分かるがお前が言うか?←」

赤「失礼な。俺だから言うんでしょ(え)」

夜「納得〜!」
孤「命令…うーーん…7番の人、夜俺と寝て←」
皆(これ男同士だときついやつじゃん、攻めたな〜←)
孤「7番の人、誰…?」
あなた「私なんだけどさ…私の番号見た?」
皆「ぎゃーーーーーーーー!!!!」
北「俺は認めへん。有り得ん!!!嫌や!!!」

赤「謎の安心感ってなんですか?!孤爪!おかしいだろ!!」

菅「あなた!ダメだぞ?!」

あなた「いや、とは言ってもさ?」

孤「王様の命令は絶対」((ニヤッ

西「ノォォォォォォォォォォォォ!!!」

岩「おい!あなた、今こいつ悪い顔してたぞ!」

孤「??なんの事??」

あなた「そーですよ。研磨はこんなに可愛いのに…」

孤「可愛いじゃない」((ムスッ

あなた(可愛い(* ̄ii ̄)←)

北「次行こ。次行こか、」
(そう、これは夢。悪い夢や←)

皆(孤爪とあなたを抜いて)「そうですね()」
夜(そろそろかな?)

菅(そうだね!)
皆「王様だ〜れだ!」

夜「うっしゃぁぁぁ!!!きたコレ!←」
夜(菅くん、あなたの番号は?!)

菅((✌️

夜「おしっ!2番は王様にキス!んでもって…」

夜(菅くんは?何番??)

菅((☝️

夜「1番の言うことも聞く!」
あなた「スガさん、夜久さん、グルですか?」
菅&夜「え?なんの事??←」

あなた「チッ()」

夜「はいはーい!キスしてね!」

北「ダメや!夜久くんも危ない子やったァァァ!!←」

岩「もう、ダメだ…ほんと…あなた〜!!!」

赤「は?え?は?!←」

孤「違う。これ、夢。悪夢。Yes。これ悪夢☆←」

西「もう俺はダメだァァァァァァァァァァ!!!」
夜「はい、やるぞ!!」

あなた「ふぇ?///ガチでやるんですか///」

夜「おう!」
(照れ顔尊い。好きぃぃぃぃ←)

あなた「んっ…///」

恥ずかしさのあまり目をギュと瞑っていると、夜久さんの気配がどんどん近づいてきて、顔の前まで来た
chu…
あなた「カァッ//////」

夜「終わりだと思った?」
唇に触れるだけのキスをされ、終わったと思い、目を開けるとニッコリと笑った夜久さんがいた

あなた「へ、?どういんッ!//////」

疑問を持って聞こうとした瞬間にまた唇が重なる。
あなた「んッ…///んぁ…///」
皆(いや、むり。可愛い。エr((殴)
あなた(夜久さんの舌が入ってきて…///何これ…ッ///)
頭がぼーっとし始めた時にやっと離れてくれた
赤「もう無理だ。夜久さん嫌いです←」

孤「やっくん…くそ…←」

北「なんでや。なんでこんなんなるんや!!」

岩「もう泣きそ←」

西「衛輔くんンンンンンンンン(泣)」
何とカオスなことか…(白目)
菅「はいはーい!あなた、終わりじゃないからね!!」

あなた(oh......そうでした…←)

菅「じゃあ、ギューってして!」

あなた「何それ可愛い。←」

今までのお題がカオスすぎてスガさんのお願いが可愛く見える()
北「あかんで!!ハグとかめっちゃ密着するやん!!!!ほんまダメや!!!」

赤「そーですよ!!←」

あなた「おい、床ドンしたやつが何言ってるんだ」

孤「あなた…俺ともハグしてよ…」((ウルウル

あなた「夜ね?!」

孤(やり〜←)
菅「ほら〜!あなた、おいでぇ〜!!」
両腕を広げスガさんがニコニコ笑いながら言ってくる

ギュッ…!
近くに行けば即座にハグされ身動きの取れない状態に…

スガさんの匂いがメタメタいい匂いでやばい(変態か)
北「終わりやァァァァァ!!!!」

西「スガサァァァァァァァン!!!!!」

赤「むり。あなた〜〜〜そろそろ離れてくれッ(泣)」

孤「…チッ(え)」

岩「チーン←」

菅「こんくらいいいじゃんかぁ〜!」

夜「スガくん、そろそろ…←」

あなた「スガさんいい匂い。好き」

菅「んんんん?」

あなた「あ、匂いが好きってことです()」

西「あなた!おれのとこにもこいっ!」

あなた「西谷は暑苦しそうだから嫌。」
わーわーぎやーぎゃーしてると…
澤「おい!お前ら!!何時だと思ってる!特に西谷!声がめちゃくちゃ響いてたぞ!!」
あオトン現れましたね(白目)
ハイ。

これ以上騒いだら合宿所からバイバイする事になると脅されたため皆各自の部屋に戻っていきました()
これで私も一安心で寝れる…
―――――――――
きゃーーーーー!!長くなっちゃったったった←
あ、ちなみに研磨くんと寝るところ見たい人います?
いたら書きます☆