無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,055
2022/01/15

第5話

🌷
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ




 私の転校したクラスは、男バレの人がいた



 しかも隣の席





家入 あなた
ぇっと…よろしくお願いします
孤爪研磨
孤爪研磨
あ、昨日の…
孤爪研磨
孤爪研磨
……敬語外していいよ、同級生だし
家入 あなた
あ、うん




 昨日も会った



 唯一冷静で無気力だった人







 この人と私は隣になった






 喋ることが苦手なのか、ただ単に人見知りなのか





 会話数は少なかった



 まぁ、わたし的にもそれは少し、助かった












 私自身、人と話すのはそこまで好きじゃない




 重度の人見知りだと思う






 そんなことを考えていたら4時間目終了のチャイム。




 挨拶と同時にたくさんの生徒がお弁当を持って色んな場所にちらばっていた




 中には財布を持って廊下を猛ダッシュする人もいた






夜久衛輔
夜久衛輔
あなたー!
家入 あなた
あ、夜久先輩
夜久衛輔
夜久衛輔
ほら、屋上行くぞ!
家入 あなた
はいっ





 昨日、私は帰る場所がわからず、グダグダしていたら



 一緒にすまないか?って話になった



 私的には助かったけど、夜久先輩に迷惑では無いのかと少し焦った




 でも、全然気にするな とのこと。




 夜久先輩の両親もすんなり受け入れてくれた







家入 あなた
ここの学校って屋上行っていいんですね
夜久衛輔
夜久衛輔
悪用しなければって感じだからな
家入 あなた
屋上でご飯食べる人多いんですか?
夜久衛輔
夜久衛輔
んー、基本男バレの3年で集まってる感じだな
家入 あなた
私、その中に混ざって邪魔じゃないですか、?
夜久衛輔
夜久衛輔
全然!クロも海も大歓迎って言ってたぜ!



 それなら良かった



 でも、やっぱり少し迷惑なのでは



 私のことを考えて遠慮したりとか




 普段してる会話などを出来ないとか




 そんなふうになるのは、少し罪悪感を感じてしまう








︎︎





家入 あなた
すごい…



 屋上は想像していたよりもずっと綺麗で



 景色が良くて、風通しが良くて




 今日のような、よく晴れた日にはちょうどいい場所だろう






夜久衛輔
夜久衛輔
まだ2人来てねぇし…先に食べっか!
家入 あなた
お口に合うといいですけど…




 色々とお世話になるから、私は夜久先輩のお母さんのお手伝いをして



 お弁当を作らせてもらった




 
夜久衛輔
夜久衛輔
いただきまーす!



 そう言って夜久先輩はお弁当の具を口に含む




 よく噛んで、味わっている





 緊張する、まずかったらどうしよう…






夜久衛輔
夜久衛輔
ん!めっちゃうめぇ!
家入 あなた
ほんと…ですか?(!)
夜久衛輔
夜久衛輔
逆に嘘つく?マジでうまい…





 お口にあったみたいでよかった、




 安心で胸がほっとした







________________




⛓👼🏻
⛓👼🏻
あいりの!
⛓👼🏻
⛓👼🏻
もう読まないと損するくらいの神作です
⛓👼🏻
⛓👼🏻
まだ見てないよって人は絶対見ましょう👊