無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,076
2022/01/25

第10話

🌷
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ





黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あ、やっくん今から来るって
家入 あなた
あ、はい






 夜久先輩……






 ピクッ






 え、まってまってまってまって






 何この背中が凍る感じ






 え、私これから怒られる?






黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あ、来たっぽいし、俺行くね
家入 あなた
え、あ、ちょ!!!




 やめてくださいよ





 保健室で二人っきりにさせないでください??





 色々とダメですよ





 てか私死ぬ未来しか見えないんですって…









夜久衛輔
夜久衛輔
…あなた
家入 あなた
は、はひッ




 やばい私死んじゃうやつこれ




 あ、もう、気絶しとこ




夜久衛輔
夜久衛輔
いや、具合悪いなら言うべきだと思うんだよな
いや、昨日あったばかりとかそーいうの関係ないんだって
遠慮すんなって話なんだけどわかってんの?
遠慮とかそーいうのの前に自分の体のこと考えた方がいいと思うんだけど。
え、俺間違ったこと言ってないよな?
しかもあれだろ?黒尾があの廊下通ってなかったらずっとあそこに倒れっぱなしだったかもしれねぇんだ?
考えた?
しかも〜〜〜〜〜〜〜〜………………
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
やっくん、そこまでにしてやんなさい
家入 あなた
あ、あぁ…………
夜久衛輔
夜久衛輔
あ、ごめん
家入 あなた
いや、私が悪いのでごもっともです(白目)





 いや、正論パンチきつい(もっとやばい人います)







 私これ1時間くらい続いてたら気絶どころか死が見えてただろうな…