無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

〜4〜


『おー!YouTubeで見てた家と一緒だぁぁ!』

たなっち「初めてですか?」

『いや、2、3回目。
だってYouTubeで家のまわり映されるようになってから始めてきたから笑』

はじめ「そういえば、あなたちゃんこの1週間撮影手伝ってくれるらしいです!!!」

やふへゐ「まじですか?!イヤッフー!」

『任せて!💪』

たなっち「一緒に頑張りましょう!」

『おー!』

はじめ「あなたちゃんがさっきからやふへゐくんの顔みて笑いこらえてるんですけど笑」

『ツボなんです…wwやふへゐくんの顔見ると笑いが止まらなくてwww』

やふへゐ「さりげ酷くないですか?!www」

はじめ「だから緊急企画〜!笑ってはいけないやふへゐ!」

やふへゐ「こんなんであなたちゃん笑ってたらそんなのやったら窒息死しちゃいますよ!」

『ふっwwwククッwww』




───────────────────────

[あなたちゃんのツボはやふへゐくんwww]
[もう既にめっちゃ笑ってるwww]
[だから前に少しちっちゃ目のスニーカー置いてあったのか!企画使うもんだと思ってた!]