プリ小説
一覧へ

第14話

〜14〜



ピ-ンポ-ン



トマト「もしもしぃ、」

【『あなたでーす、早く解散したんでだいち迎えに来ましたー』】


はじめ「誰だった?」

トマト「あなたさんでした」
はじめ「まじか!!!」



ガチャ

『ただいまー、』
はじめ「おかえりー」
『謎のHAPの安心感』
たなっち「ずっと居てくれて構わないです。」
『そー?』
だいち「いや、やめてください。俺がヒヤヒヤする。」
『は?』
だいち「失礼いたしやした」

『そーいや、今日飲んだ友達が、「あなたは仕事ばっかで不摂生な生活ばっかしてるからこれ食べろ」っつって、煮物くれたから皆で食べないかい?』
だいち「俺たちに不摂生な生活すんなって言ったくせに、お前が一番不摂生な生活してんのね。」

『ちゃんと毎日カロリーメイト食べてます。』
だいち「あのね、どうせカロリーメイトで1食済ませてんでしょ?そーゆーのを不摂生って言うの。そろそろあんた倒れるし、来年の健康診断引っかかるよ。」
『あらそれはやだ』
やふへゐ「だいちくんよく知ってらっしゃる」
『それ、さすが幼馴染み。』
だいち「あざす

…じゃなくて!本気で心配してんの、不摂生の象徴であるYoutuberのはじめより、不健康過ぎて見てらんない。
約束!!!東京戻ったら、毎日適当でもいい、料理を1日1回作ること!!!それを写真撮って俺に送る!」
『そんな時間より仕事が大事』
だいち「仕事より自分を大切にしなさい。お前の作ったCMを見たい人がこの世に何人いると思う。」
『いや、CM誰作ったとか気にする人あんまいないっしょ。』
だいち「そ、それはそうかもだけど、そのわずかな人もお前の作ったCMを見たいのだから生きろ!」
『うぇす!』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

た し ゅ ん
た し ゅ ん
・なんか宮瀬豪さんを愛しすぎてる。。 ・享恭さん好き辛い( ˙-˙ ) ・黒髪西銘大好きです。( ˙-˙ ) ・犬飼くんカッコよすぎます( ˙-˙ ) ・ペズマルとエフロン氏の声が最近の大好物です。 ・ゲーム実況者めっちゃンコ好きです。 ・top4箱推しよりのうしざぁ推し ・最俺箱推しよりのジーフーさん推し ・ガッチさんはウチの親と同い年。 ⚠低浮上です。 占ツク活動中