無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

次の日
コンコン
餅ゴリ
はい。
さらん&you
失礼します。
ガチャ
餅ゴリ
おぉー!来てくれたか!
さらん&you
はい!
餅ゴリ
まずは歌詞だな。
さらん&you
はい!
歌詞が思い付かないのでTWICEの歌で!
餅ゴリ
じゃあ歌は自分達で作詞するか?
それともこっちの方で作るか?
さらん
さらん
どっちがいいかな?
you
you
私は自分達で作った方がとは思うけど…私ちょっとさ…
さらん
さらん
あ…そうだよね…じゃ、じゃあ社長さん達に決めて貰お?💦
you
you
うん…
あなたの過去(今も






そう。それは12年前…












   
その時は6歳。

















ある日











学校から帰って来て家に入った。













だが











お母さんが見知らぬ男と裸でベットにいた。











お母さんは気づかず











家から出た。













それで















お父さんに報告を!っと














思ったら










お父さんが










来て見知らぬ女と遊んでいた。










私は友達の家に行き



















さなおんにに伝えた。




 





さなおんには











「怖かったてしょ?」















って言ってくれた

















さなおんには


















韓国に行っちゃったし…










迷惑はかけたくはない







  








少しして帰った














そしてお母さん、お父さんが黙っていたので








私はその事を










話した…









そしたら喧嘩を始めた。














そしたら













お母さん、お父さんが












「お前のせいでこうなったんだからな!!!!!!!」








と。













でもその頃は6歳。だから。















なんでかは分からなかった。
















そして離婚。


















お父さんに連れて行かれた。













家事から何やらとやらされ














虐待。












殴られたり、














今は家を出て












週に5回は来い!









って言われてるから。













でもアイドルに












なったら。












お父さん、お母さんを見返し、















虐待をなくしてやる。
 










でも私。
















さなおんにのとこに
















行ってたら














虐待無くなってたのかな…













でも!デビューまでは耐えてなきゃ。















そしたら













見返せるから。













さなside(いきなりでみあね










あなた。


















あの時
















TWICEの宿舎に
















来とけば

















良かったのに
















こんな

















弱いおんにで






















〝ごめん〝