無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

04
次第に皆は回復していった。



自分のパートはものすごく少なかったから、イドンパートを歌うことを指示された。

ダンスも、イドンといつも張り合ってた私に任された。


皆はいつも通りに戻った。


たくさん笑って、たくさん喜んで、、、



大好きな皆にやっと戻れた……………



―――――――――――――――――――――――――――
作者
作者
皆さんこんにちは!


今回少なくてすみません。次の話からは、イドンが抜けたPENTAGONをお送りします。

サイン会やYouのVLIVEなどの話を書きます!
ではでは!
あんにょーん!